住居の衛生

更新日:平成22年3月26日

住居衛生に関する相談(シックハウス症候群)について

 近年、住宅を高気密化することや、化学物質を放つ建材や内装材を使用することにより、新築や改築後の住宅などで、化学物質による室内空気汚染により、居住者に様々な体調不良が生じていることが数多く報告されています。それらの症状は目やのどの痛み、頭痛、めまい、皮膚への刺激、吐き気、気分が悪い等があげられますが、症状発生の仕組みをはじめ、未解明の部分も多く、また様々な複合要因が考えられることから、「シックハウス症候群」と呼ばれています。シックハウスの効果的な対策のひとつとして住居内の換気に注意することがあげられます。

 リンク先を示す矢印マークの表示  大阪府健康医療部環境衛生課ホームページをご覧ください。

このページの作成所属
健康医療部 藤井寺保健所 衛生課

ここまで本文です。