平成29年度市場開放デー

更新日:平成29年12月12日

大阪府中央卸売市場「市場開放デー」を開催しました。

 大阪府中央卸売市場では、開かれた市場づくりと食育の実践の場として、下記のとおり、11月12日(日曜日)に「市場開放デー」を開催しました。

 市場開放デーは、安全安心な生鮮食料品の流通拠点である当市場を府民の方々に広く知っていただくとともに、食について考える機会として毎年開催しています。   

 当日は、旬の野菜・果物・魚の即売やマグロの解体・即売のほか、食育コーナーでは、当市場と事業連携している追手門学院大学の学生によるお子様向けの模擬せりや食育ゲームを行いました。

 また、本場の阿波踊りの実演や当市場のマスコットキャラクター「せりちゃん」も登場して、イベントを盛り上げました。

 今年度は、3万人を超えるお客様(主催者発表)にご来場いただき、野菜の即売場をはじめ会場は大いににぎわいました。 

  

   開催内容

1 とき:平成29年11月12日(日曜日) 

            午前9時から12時

 2 ところ:大阪府中央卸売市場 水産棟 1階せり場      (茨木市宮島1丁目1番1号) 

 3 内容:オープニングセレモニー (府立市岡高校のブラスバンドによる演奏)

       旬の野菜・果物・魚の即売

             マグロの解体・即売 

             加工食品の試食・販売 

             食育コーナー(模擬せり、食育輪投げ 他)

       阿波踊り(9時40分、11時10分の2回実施)  等

      旬の野菜・果物・魚の即売

      青果物の販売   水産物の販売   

      阿波踊り                      模擬せり

      阿波踊り   模擬セリ

     
           

  

このページの作成所属
環境農林水産部 中央卸売市場 (代表)

ここまで本文です。