平成25年度の会議の開催について

更新日:平成26年3月19日

平成25年度大阪府中央卸売市場指定管理者評価委員会を開催しました。

 大阪府中央卸売市場における指定管理者の業務の実施状況等に関する評価について調査審議を行うため、大阪府中央卸売市場指定管理者評価委員会を開催しました。

日時

 平成26年1月27日(月曜日)14時から16時まで

場所

 大阪市中央区谷町3−1−6

 ホテル・ザ・ルーテル3階 多目的ルーム

出席委員

 奥谷委員、田上委員、津田委員(委員長)、冨阪委員

会議資料

 ・平成25年度大阪府中央卸売市場指定管理者評価委員会次第 [PDFファイル/26KB]

 ・平成25年度大阪府中央卸売市場指定管理者評価委員会次第 [Wordファイル/25KB]

 ・資料1 大阪府中央卸売市場指定管理者評価委員会 委員名簿 [PDFファイル/22KB]

 ・資料1 大阪府中央卸売市場指定管理者評価委員会 委員名簿 [Excelファイル/26KB]

 ・資料2 配席図 [PDFファイル/19KB]

 ・資料2 配席図 [Excelファイル/31KB]

 ・資料3 平成25年度指定管理運営業務評価表 [PDFファイル/157KB]

 ・資料3 平成25年度指定管理運営業務評価表 [Excelファイル/78KB]

議事概要

1 指定管理者の自己評価と施設所管課の評価について

  ○事務局から指定管理者の自己評価と施設所管課の評価について説明を行いました。

  ○質疑の概要

   ・管理運営について質を落とすことなく経費の削減に取組んでいるというのは、具体的にどのような取組みか。

   ⇒制度導入の際にそれぞれの業務について仕様を決めていますが、仕様書に記載されている項目以上の業務を行い、経費については、一部増額している業務もあるが、予算の範囲内で実施しています。

   ・指定管理者と開設者で定例的な会議等は実施しているのか。

   ⇒月に一度、場内関係者のトップが集まる常駐代表者会議があり、指定管理者から前月の報告と新たな取り組みの提案等があります。

   ・仲卸業者も後継者問題等、様々な問題を抱えているが、何か営業活動等しているのか。

   ⇒検査業務を通じて様々な指導をしているが、小規模な場合は後継ぎがいても続けていけないというのが現状で、廃業された仲卸業者の仕事を他の仲卸業者でカバーしていただくようにしています。

2 委員会の指摘・提言について

   ・指定管理者制度2年目の途中であり、連続性のある指標を出すのは難しいが、取扱高や収支等、稼働率以外の指標も取り入れ、複数の指標で成果をみるべき。

   ⇒稼働率以外の指標も取り入れ、複数の指標をもって成果をみるよう、指定管理者へ働きかけます。

   ・DVD等の媒体をつかった広報活動の強化を進めていただきたい。

   ⇒DVD等の媒体を作成・活用し、広報活動の強化を進めます。

   ・市場見学に来てもらうだけではなく、こちらから出向いて出張講義を行なう等の取組みについて検討いただきたい。

   ⇒現在、料理教室やキッズ市場等を実施していますが、さらなる取り組みについて指定管理者や場内業者と検討を進めます。

このページの作成所属
環境農林水産部 中央卸売市場 

ここまで本文です。