ZEH(ゼッチ:ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)普及啓発事業

更新日:平成29年5月1日

ZEH(ゼッチ:ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは?

住宅の高断熱化と高効率設備による省エネと、太陽光発電等によりエネルギーをつくること(創エネ)で、1年間で消費する住宅のエネルギー量が正味(ネット)でおおむねゼロ以下となる住宅のことです。

 

 ZEHのグラフ

 国では、「平成32(2020)年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現すること」 を目標に、ZEHの普及に取り組んでいます。

 

ZEH(ゼッチ)にはどんな施工・設備が必要なの?

【建物の省エネ】高断熱外皮・窓等
【設備の省エネ】高効率空調、照明、給湯、換気等
【創エネ】太陽光発電等によりエネルギーを創出     
の3つの要素が必要です。

これらにより、「快適・健康」「光熱費削減」「停電時も安心」の両立をめざします。

<ZEH(ゼッチ)のイメージ>

ZEHのイメージ 

ZEH(ゼッチ)に関する支援制度はあるの?

国の支援制度

国ではZEHの建築・購入、既築改修に対する補助事業を行っています。(補助金執行団体の審査により、ご希望にそえない場合があります。)

<平成29年度> ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業(補助金) 

  •  補助金額   【住宅】 一戸あたり 定額 75万円
               【蓄電システム】 蓄電容量1kWh当たり4万円 を加算。 <上限額>補助対象経費の1/3又は40万円のいずれか低い金額
  •  公募期間   【一次公募】 平成29年5月15日(月曜)から平成29年6月2日(金曜)
              【二次公募】 平成29年6月8日(月曜)から平成29年6月23日(金曜)予定
              【三次公募】 平成29年7月3日(月曜)から平成29年7月21日(金曜)予定
              【四次公募】 平成29年7月31日(月曜)から平成29年8月18日(金曜)予定  
  • 問合せ先   補助金執行団体 一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)(外部サイト) 
                電話:03-5565-4081 <受付時間10時から17時(土曜、日曜、祝日を除く)>
  • ご注意    ・太陽光発電設備とエネルギー管理システムは、ZEH の設備要件ですが、補助対象外です。
            ・本事業は、ZEHビルダーが設計、建築、既築改修等するZEHのみが補助対象です。
             ZEHビルダーはSII(環境共創イニシアチブ)のホームページ(外部サイト)で確認することができます。
                       
    ※ZEHビルダーとは、自社が受注する住宅のうちZEHが占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標を掲げるハウスメーカー、工務店、建築設計事務所、リフォーム業者、建売住宅販売者等のことです。
  • 詳しくは、経済産業省ホームページ(外部サイト)をご参照ください。

その他(省エネ改修に向けた支援制度)

新築や建替えのご予定がない場合も、まずは今お住まいの住宅を省エネリフォームして、効果を実感してみませんか?
国の支援制度には、既築の住宅を省エネ化するための補助金もあります。 (高性能建材(ガラス、窓、天井・壁・床等)による断熱改修を支援)
詳しくは、国の支援制度情報(創エネ・蓄エネ・省エネ)(別ウインドウで開きます)をご参照ください。

 

大阪府、府内市町村の支援制度

大阪府では、ZEHに必要な太陽光発電設備の導入や、併せて実施する省エネリフォームなどに活用できる低利ソーラークレジット事業を実施しています。

また、大阪府内の市町村では、太陽光発電設備やエネルギー管理システム、高効率給湯器、燃料電池などを対象にした支援制度を実施している場合があります。
詳しくは、大阪府内市町村の創エネ・蓄エネ・省エネに関する支援制度をご参照ください。

そのほか、ご不明な点がありましたら、おおさかスマートエネルギーセンターにお問合せください。
(おおさかスマートエネルギーセンターへのお問合せは、電話06(6210)9254 へ)

このページの作成所属
環境農林水産部 エネルギー政策課 スマートエネルギーグループ

ここまで本文です。