停電時の太陽光発電設備の利用について

更新日:平成29年8月24日

突然の災害などで停電した場合でも、太陽光発電設備の自立運転コンセントを活用することで、非常時でも電気を使うことができます。

メーカーや機種によって操作方法が異なりますので、操作にあたってはお手元の取扱説明書をご確認ください。(不明な点などにつきましては、設置業者もしくはメーカーにご相談ください。)

また、自立運転コンセントで使用できる電気の容量には限度があります。使用する電気機器の容量を確かめたうえで使用しましょう。

なお、自立運転コンセントの使い方については、環境省が公開している「太陽光発電の賢い使い方-停電・災害時の自立運転コンセントの活用-」(外部サイトを別ウインドウで開きます)もご参考ください。

【参考リンク】
「太陽光パネル設置普及啓発事業」の登録製造者のうち、自社ホームページに停電時の使用についての説明を掲載している事業者です。

カナディアン・ソーラー・ジャパン(株)(外部サイトを別ウインドウで開きます)
三菱電機(株)、三菱電機住環境システムズ(株)、三菱電機システムサービス(株)(外部サイトを別ウインドウで開きます)
京セラ(株)、(株)京セラソーラーコーポレーション(外部サイトを別ウインドウで開きます)
パナソニック(株) エコソリューションズ社(外部サイトを別ウインドウで開きます)
シャープ(株)(外部サイトを別ウインドウで開きます)
ソーラーフロンティア(株)(外部サイトを別ウインドウで開きます)
日立コンシューマ・マーケティング(株)(外部サイトを別ウインドウで開きます)
ネクストエナジー・アンド・リソース(株)(外部サイトを別ウインドウで開きます)
(株)Looop(外部サイトを別ウインドウで開きます)
サンテックパワージャパン(株)(外部サイトを別ウインドウで開きます)

(株)東芝 エネルギーシステムソリューション社(外部サイトを別ウインドウで開きます)

長州産業(株)(外部サイトを別ウインドウで開きます)
ハンファQセルズジャパン(株)(外部サイトを別ウインドウで開きます)

このページの作成所属
環境農林水産部 エネルギー政策課 スマートエネルギーグループ

ここまで本文です。