おおさか版イニシャルゼロ省エネ設備改修マッチング事業

更新日:平成30年11月1日

 今お使いの設備を省エネタイプに改修すると、省エネによるエネルギーコスト削減が期待できます。
 おおさかスマートエネルギーセンターでは、初期費用ゼロでの省エネ設備改修を希望する府内中小事業者等と、その支援を行うサポート事業者のマッチングを実施します

事業を利用するメリット

  1. 一度に多額の資金が不要!   費用を分散できます。

  2. 希望条件に合う事業者を紹介! サポート事業者を探す手間が省けます。

  3. プロの省エネアドバイス!     サポート事業者から適宜受けられます。

  4. 設備維持も安心!         契約時に保守・保証の内容を選べます。

事業効果イメージ

image 

イニシャルゼロ省エネ設備改修実施の流れ

事業実施の流れ

※ 希望条件や与信調査結果等により、事業を実施できない場合もあります
※ 中小事業者等、サポート事業者双方の責任において契約することとし、おおさかスマートエネルギーセンターの関与はありません

対象設備

照明設備(LED等)、空調設備、生産設備、ボイラ、エネルギーマネジメントシステム 等

 設備改修をお考えの際は、まずはご相談ください!

申込方法

「おおさか版イニシャルゼロ省エネ設備改修マッチング事業希望申請書兼同意書」 [Excelファイル/18KB]  [PDFファイル/50KB]をダウンロードし、必要事項を記入の上、おおさかスマートエネルギーセンターまでメール又ファックスでご送付ください。 

おおさか版イニシャルゼロ省エネ設備改修サポート事業者

サポート事業者名

電話番号

業種等

特徴

HPアドレス
(外部リンク)

株式会社エネテック大阪072-226-2878工事会社大阪ガス株式会社100%出資の子会社として、ガス空調、電気空調、コージェネレーション、給湯、換気、及び厨房に関する各種設備及び機器の設計、施工並びに販売やメンテナンスを行い、快適な環境を提供しております。http://www.enetec-osaka.co.jp/
三井住友ファイナンス&リース株式会社06-6282-9555リース・レンタル会社総合リース事業http://www.smfl.co.jp/
株式会社関電エネルギーソリューション050-7105-0141エネルギー事業者総合エネルギー会社として、お客さまの電気、ガスなどのエネルギー設備を設計・調達・建設し、運転・保守まで一貫して行う「ユーティリティサービス」を軸に、お客さまの省エネ・省コストの実現をサポートします。http://www.kenes.jp/
株式会社GNE06-6380-9000工事会社弊社(株)GNEは、省エネ設備(主にLED照明器具)の設計から施工、省エネ診断、省エネ補助金の申請サポートなど、省エネに関わる総合的な提案が可能です。リースを活用した導入実績も多数ございます。http://gne.co.jp/
株式会社エス・エス・ケイ03-5408-7711エネルギー事業者
設備機器メーカー
工事会社
自社開発のEMS「ADコントローラー」とLEDとを活用して省エネに貢献する昭和27年創業のEMSメーカー。工場は勿論の事、病院や老健施設、多店舗展開している店舗等、全国約2500拠点に導入。パーフェクトエスコでの導入であれば初期投資無しでのシステム導入が可能。リースと違い完全成功報酬での運用可。http://www.ssk-inc.com/
株式会社キューコーリース06-4963-2248リース・レンタル会社ファイナンスと施工技術を融合させた設備導入(省エネ)提案http://www.kyuko-lease.co.jp/
7株式会社サンコーライテック03-5730-3780省エネルギー提案LED照明の普及促進と電気料金削減のために飲料各会社及び新電力会社と連携した独自の省エネコンサルティングをお客様に提供し、社会貢献活動を促進するお手伝いをしています。https://sankolightech.jp/

(登録順)

※サポート事業者も随時募集しています。
 サポート事業者の登録申請については、おおさか版イニシャルゼロ省エネ設備改修サポート事業者の登録についてをご覧ください。

申込・問合せ先

おおさかスマートエネルギーセンター(大阪府環境農林水産部エネルギー政策課内)
〒559−8555 大阪市住之江区南港北1−14−16 大阪府咲洲庁舎22階
電話 06−6210−9254 、 FAX 06−6210−9259
メールアドレス:eneseisaku-01@gbox.pref.osaka.lg.jp

このページの作成所属
環境農林水産部 エネルギー政策課 スマートエネルギーグループ

ここまで本文です。