2018年度末の達成状況(おおさかエネルギー地産地消推進プラン)

更新日:令和元年8月27日

達成状況

 おおさかエネルギー地産地消推進プランでは、2013年度から2020年度までにまでに供給力の増加と需要の削減により、150万kW以上を新たに創出することとしています。2018年度末の達成状況は110.1万kWであり、達成率は73.4%でした。

達成状況の内訳

供給力の増加

項目

2013年度から2020年度までの目標値

(下段は2020年度末の累計目標値)

達成状況

(下段は2018年度末の累計導入状況)

達成率

太陽光発電

+90万kW

(約115万kW)

+72.3万kW

(97.2万kW)

80.3%

分散型電源

(コージェネレーション等)

+30万kW

(約83万kW)

+4.2万kW

(57.7万kW)

14.0%

廃棄物発電等

+5万kW

(約28万kW)

+4.4万kW

(27.1万kW)

87.8%

合計

+125万kW

+80.9万kW

64.7%

  • 再生可能エネルギー等の導入状況の詳細についてはこちら

需要の削減

項目

2013年度から2020年度までの目標値

達成状況

達成率

ガス冷暖房等

-20万kW

-24.1万kW

120.5%

BEMS等

-5万kW

-5.2万kW

103.5%

合計

-25万kW

-29.3万kW

117.1%

このページの作成所属
環境農林水産部 エネルギー政策課 企画推進グループ

ここまで本文です。