事業者のための省エネルギーセミナー(平成25年6月14日開催)について

更新日:平成27年4月24日

 大阪府・大阪市が共同で設置する「おおさかスマートエネルギーセンター」は、事業者を対象に、省エネ・節電に関するセミナーを下記のとおり開催しました。
 セミナーでは、省エネ・節電のすすめ方について解説するとともに、エネルギー管理システム(BEMS)を利用して、建物内で使用する電力使用量を「見える化」し、空調や照明設備等で使用する電力使用量を抑制したり、ピークを制御することにより節電した事例についても紹介しました。


※ビルエネルギー管理システム(BEMS)とは
 ビル等の建物内で使用する電力使用量等の「見える化」を図り、空調・照明設備等の制御やデマンドピーク(電力の最大需要)を抑制・制御するシステムのことです。一定の条件を満たしている機器をBEMSアグリゲータ(登録された事業者)から導入する場合は、国の補助(1/2または1/3。上限あり。)対象となります。         

セミナーの様子

                           記

1 とき  平成25年6月14日(金曜日)13時30分から16時(開場13時、閉場17時)
2 ところ 咲洲ホール(大阪府咲洲庁舎2階、大阪市住之江区南港北1-14-16)
3 対象  府内の事業者(電力会社等との契約電力が50kW以上、500kW未満の高圧小口需要家)
4 参加人数  71名
5 主催  おおさかスマートエネルギーセンター(大阪府、大阪市)
6 参加費 無料
7 内容   講演1 省エネ・節電のすすめ方について
         講師:一般財団法人省エネルギーセンター
             エネルギー使用合理化専門員 前山二郎氏

        講演2 エネルギー管理システム(BEMS)の導入について
         講師:株式会社日立製作所 インフラシステム社
             電力システム本部 社会情報システム部 部長 加藤 裕康氏
             発表資料はこちら [PDFファイル]

        事例紹介 エネルギー管理システムの導入事例について
         発表:医療法人嘉誠会 介護老人保健施設ヴァンサンク
             発表資料はこちら [PDFファイル]

         発表:株式会社浜田(産業廃棄物処理業)
             発表資料はこちら [PDFファイル]

        事業紹介 おおさかスマートエネルギーセンターについて                       
         大阪府 環境農林水産部 エネルギー政策課
             発表資料はこちら [PDFファイル]

        会場にて、BEMSアグリゲータによる機器の説明・相談対応を行いました。
        参加BEMSアグリゲータ
         株式会社エナリス、ダイキン工業株式会社、イオンディライト株式会社、
         株式会社ヴェリア・ラボラトリーズ、NTTデータカスタマサービス株式会社、
         NKワークス株式会社、株式会社日立製作所インフラシステム社、
         日本テクノ株式会社、パナソニックESエンジニアリング株式会社、
         株式会社エービル、株式会社ユアテック、アズビル株式会社

このページの作成所属
環境農林水産部 エネルギー政策課 スマートエネルギーグループ

ここまで本文です。