平成28年度 水素関連産業参入促進事業

更新日:平成29年7月25日

新技術ニーズ説明会にかかる技術提案書について

技術提案書の様式はこちら 様式 [Wordファイル/24KB]/様式 [PDFファイル/63KB]

メールの件名に「水素関連産業新技術ニーズ説明会 技術提案書」と明記の上、メール送信時に次まで電話連絡して下さい。
大阪府 新エネルギー産業課 宛 e-mail: shinenesangyo@sbox.pref.osaka.lg.jp 
電話:06-6210-9486 【「水素関連産業新技術ニーズ説明会 技術提案書」担当あて】

『水素関連産業新技術ニーズ説明会』の参加企業を募集します!

 水素関連産業への参入を促進するため、大阪府内の中小企業等が有する高い技術力と、水素ステーション構成機器メーカー等が求めるコストダウンに必要な「新技術ニーズ」とのマッチングを図る「水素関連産業新技術ニーズ説明会」を開催します。

 詳細については、チラシをご覧ください。  チラシ [Wordファイル/87KB]/チラシ [PDFファイル/186KB]

1 開催日時・場所

 平成28年10月21日(金曜日) 午後1時から
 マイドームおおさか 8階 第1・2会議室(大阪市中央区本町橋2番5号) http://www.mydome.jp/access/

2 対象企業

 水素ステーション構成機器メーカーが求めるコストダウンに必要な「新技術ニーズ」に対して、自社の商品や技術、サービス等のマッチングを希望し、大阪府内に事業所を有する中小企業等

3 参加費  

 無料

4 定員  

 100名(先着順で申込みを受付け、定員に達し次第締め切ります)

5 申込方法

 下記URLをクリックしてお申込みください。申込みは原則各社1名で、定員に達し次第締め切ります。
  https://www.shinsei.pref.osaka.lg.jp/ers/input.do?tetudukiId=2016080032

6 マッチングについて

 水素ステーション構成機器メーカー(下記(1)〜(7))の「新技術ニーズ」と、大阪府内の中小企業等の「技術提案」が合致する案件については、マッチングを実施します。マッチングの詳細は、説明会でご案内します。

7 主催

 大阪府、大阪商工会議所、大阪府立大学

8 内  容

(1)水素ステーション構成機器メーカーの「新技術ニーズ説明会」【(1)〜(7)】
(2)水素ステーション事業者及び自動車メーカーの「講演」  【(8)〜(10)】
(3)名刺交換会

 

時  間

メ  ー  カ  ー  名  等

構 成 機 器

 

午後1時00分〜1時10分

 開会あいさつ・マッチングについて

 

午後1時10分〜1時30分

(1)

 エーテック株式会社

 液化水素貯槽

午後1時30分〜1時50分

(2)

 株式会社加地テック

 水素圧縮機

午後1時50分〜2時10分

(3)

 サムテック株式会社

 蓄圧器

午後2時10分〜2時30分

(4)

 日立オートモティブシステムズメジャメント株式会社

 ディスペンサー

午後2時30分〜2時40分

 休   憩

 

午後2時40分〜3時00分

(5)

 大阪ガス株式会社

 水素製造装置

午後3時00分〜3時20分

(6)

 株式会社日本製鋼所

 蓄圧器

午後3時20分〜3時40分

(7)

 株式会社タツノ

 ディスペンサー

 

午後3時40分〜4時10分

(8)

 岩谷産業株式会社

 

午後4時10分〜4時20分

 休   憩

 

午後4時20分〜4時50分

(9)

 トヨタ自動車株式会社

 

午後4時50分〜5時20分

(10)

 株式会社本田技術研究所

 

 

午後5時20分〜5時50分

 名 刺 交 換 会

 

 

(1)水素ステーション構成機器メーカーの「新技術ニーズ説明会」 

エーテック株式会社【液化水素貯槽】(午後1時10分1時30分

項     目

内          容

 1−1 配管保冷材

 ローリーから貯槽へ液化水素を受入れる配管は、充填時ロスを低減させる為に真空断熱配管を採用していますが、真空断熱配管に代わる高断熱/低コストの保冷方法

 1−2 配管シールテープ

 -253℃の液化水素温度でも使用可能なシールテープ

2 株式会社加地テック【水素圧縮機】(午後1時30分1時50分

項       目

内          容

 2−1 機械可動部の表面処理

 無潤滑(水素雰囲気)金属面の保護

 油潤滑(大気雰囲気)初期馴染みの突破

 2−2 コンプレッサー用高圧溶接配管継手

 設計圧力99MPa、設計温度200℃における溶接配管及び溶接継手の開発製造

3 サムテック株式会社【蓄圧器】(午後1時50分〜210分

項   目

内            容

 3−1 手動バルブ

 開閉によって高圧ガス(水素)を確実に止めて流す

 3−2 シール材部品

 Oリング、または金属ガスケットの接合部で高圧ガス(水素)を漏らさない

日立オートモティブシステムズメジャメント株式会社【ディスペンサー】(午後2時10分〜230分

項       目

内       容

 4−1 緊急離脱カップリング用部品(シール部品)

 高圧、極低温に耐えうる高分子材料の開発

5 大阪ガス株式会社【水素製造装置】(午後2時40分〜300分

項    目

内          容

 5−1 安価な計装品

 水素製造装置等のプラントで使われる圧力指示計、流量指示計、温度指示計等の計装機器

 5−2 安価な防音パネル

 水素製造装置の回転機・ガス流通音・バルブ動作音などの騒音を低減する防音パネル

 5−3 配管用断熱材

 高温流体が流れる配管の保温に適用できる保温材料

6 株式会社日本製鋼所【蓄圧器】(午後3時00分〜320分

項       目

内       容

 6−1 蓄圧器用Oリング(要望:信頼性)

 ガスケット

 6−2 蓄圧器ユニット用配管溶接(要望:低コスト化)

 配管自動溶接

7 株式会社タツノ【ディスペンサー】(午後3時20分〜340分

項       目

内          容

 7−1 バルブ・調整器等のシール材部品

 低温、高圧に耐えられる樹脂材料、ゴム材料の開発

 7−2 高強度材料の切削加工技術

 継手類、弁類の切削加工

 (2)水素ステーション事業者及び自動車メーカーの「講演」

メ ー カ ー 名

 時   間   

テ   ー   マ

 (8) 

 岩谷産業株式会社

午後3時40分〜410分

 水素社会の実現に向けた取組み

 (9) 

 トヨタ自動車株式会社

午後4時20分〜450分

 新車CO2ゼロチャレンジ

 (10) 

 株式会社本田技術研究所

午後4時50分〜520分

 Hondaの燃料電池自動車開発と水素社会に向けて

※講演メーカー【上記(8)〜(10)】とのマッチングはありませんので、ご注意ください。

 『水素ステーション見学会』の参加企業を募集します!(終了しました)

FCV(燃料電池自動車)や水素ステーション関連産業への参入をめざす府内の中小企業等を対象に、水素ステーションの基礎的な知識を習得することにより、関連産業への理解を深めるとともに、これまで培ってきた各中小企業の高い技術力の同分野への転用のきっかけづくりの場とするため、水素ステーション見学会を開催します。

また、10月には、水素ステーション関連メーカーから、水素ステーション構成機器等のコストダウンにつながる新技術ニーズ説明会の開催と技術マッチングを予定しています。(別途募集します。)

募集等についてのチラシは こちら

1 見学会開催日時

(1)イワタニ水素ステーション大阪森之宮(大阪市城東区森之宮1−6−102)

 ・平成28823日(火曜日) 午前10時30分から午前11

(2)イワタニ水素ステーション大阪本町(大阪市中央区本町3−1−7)

 ・平成28823日(火曜日) 午後1時30分から午後2

(3)北大阪水素ステーション(茨木市宮島2−4−8)

 ・平成28824日(水曜日) 午後3時から午後330

  ※ 阪急「南茨木駅」から「北大阪水素ステーション」までバスでの送迎を予定しています。

2 見学会対象企業

府内に事業所を有し、FCVまたは水素ステーション関連の商品や技術、サービス等を開発(開発中を含む。)している又は他業種関連技術等を転用して、FCVまたは水素ステーション関連メーカーとの技術マッチングにより参入を希望する中小企業等

3 定  員

各水素ステーションとも定員は40名です。(先着順)

4 参加費

無料

5 申込方法

電子申請システムにより申込んでください。なお、定員に達し次第申込みを締め切ります。

(電子申請システム)https://www.shinsei.pref.osaka.lg.jp/ers/input.do?tetudukiId=2016070046

6 主  催

大阪府、大阪商工会議所、大阪府立大学

7 協  力

岩谷産業株式会社、大阪ガス株式会社

8 新技術ニーズ説明会等(別途募集します。)

見学会対象企業で、FCVまたは水素ステーション構成機器メーカー等の新技術ニーズに対応可能で技術マッチングを希望する企業を対象に、10月に新技術ニーズ説明会の開催を予定しています。

新技術ニーズと中小企業の技術シーズが合致する案件については、技術マッチングを行います。

9 各水素ステーションの概要

名 称(1)イワタニ水素ステーション大阪森之宮(2)イワタニ水素ステーション大阪本町(3)北大阪水素ステーション

所在地

大阪市城東区森之宮1−6−102大阪市中央区本町3−1−7茨木市宮島2−4−8
供給方式液化水素オフサイト供給方式圧縮水素オフサイト方式(移動式)オンサイト供給方式
供給能力300N㎥/h(1時間当たりFCV6台分)

100N㎥/h(1時間当たりFCV2台分)

300N㎥/h(1時間当たりFCV6台分)
充填圧力70Mpa(約700気圧)70Mpa(約700気圧)70Mpa(約700気圧)
構成機器

液化水素貯槽
水素圧縮機
蓄圧器
ディスペンサー 等

水素圧縮機
蓄圧器
ディスペンサー 等

水素製造装置
水素圧縮機
蓄圧器
ディスペンサー 等

各水素ステーション概要

このページの作成所属
商工労働部 成長産業振興室新エネルギー産業課 推進グループ

ここまで本文です。