中小企業のための『蓄電池・燃料電池分野への参入セミナー』

更新日:平成30年9月3日

■中小企業のための『蓄電池・燃料電池分野への参入セミナー』 
 〜2025国際博覧会誘致等による新たなビジネスチャンスの到来〜 【終了しました】

 
 大阪・関西での開催に向けて誘致に取り組んでいる国際博覧会は、「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマに掲げ、世界中の人々が健康に関する様々な課題を克服し、より良い生活を送ることができるよう、これからの生命のあり方、生き方、ライフスタイルについて国際社会に発信するとしています。
 蓄電池・燃料電池分野では、国際博覧会誘致等を契機として、国連が掲げる持続可能な開発目標(SDGs)の達成に資する新たな技術・サービスの研究開発がより一層進展するものと期待されます。
 大阪府では、大阪商工会議所、Xport(クロスポート)と連携し、新たな事業展開を模索する大阪・関西の中小企業様の円滑なビジネス参入につなげるためのセミナーを開催し、国際博覧会誘致等を契機とした今後の蓄電池・燃料電池分野の市場拡大につながる最新情報等を発信します。

  セミナーの案内チラシはこちら [PDFファイル/998KB]
  参加申込書 [Wordファイル/32KB] [PDFファイル/78KB]

日時:平成30年7月26(木曜日) 午後1時30分から午後5時30分
会場:大阪工業大学梅田キャンパス 2階セミナー室203
     (大阪市北区茶屋町1−45)
プログラム: 
 1.開会
 2.施策紹介(13時35分〜13時45分)
    「『いのち輝く未来社会』をめざすビジョン」
     ・大阪府 政策企画部企画室計画課
 3.基調講演(13時45分〜14時15分)
    「2025国際博覧会誘致に向けた取組み」
           ・経済産業省 商務・サービスグループ博覧会推進室 総括室長補佐 坂本 紀代美氏
 4.大手企業による事例発表(14時15分〜16時15分)
    「関西VPPプロジェクトについて」
     ・関西電力(株) 地域エネルギー本部地域エネルギー技術グループ 部長 上田 智之氏
     ・住友電気工業(株) エネルギーシステム事業開発部システム企画部 
                                                                             システム企画グループ長 江村 勝治氏
    「水素社会実現に向けた取り組み」
     ・岩谷産業(株) 中央研究所 副所長・上級理事 繁森 敦氏
     「蓄電システムを活用したVPP事業の可能性と課題」
     ・オリックス(株) 電力事業第二部 蓄電池統括チーム長 鶴田 真紹氏
 5.中小企業による事例発表(16時25分〜17時15分)
    「最先端ドローンの動向と技術的課題について 農業分野を中心として」
     ・八洲電業(株) 代表取締役CEO 橋爪 賢治郎氏
    「水素ビジネス、わが社の取組み事例 〜水素ステーション用複合蓄圧器の開発〜」
     ・サムテック(株) 次長 渡辺 一弘氏
 6.大阪府の取組事例(17時15分〜17時25分)
    「新エネルギー成長産業に関する施策について」
     ・大阪府 商工労働部成長産業振興室産業創造課
 7.閉会
参加費:無料(但し、交流会は1,000円)
定員:100名程度(1社2名まで、申込み先着順)
主催:大阪商工会議所
共催:大阪府、Xport(クロスポート)
申込方法:添付資料「参加申込書」にご記入の上、ファクシミリにて7月23日(月曜日)までにお申込ください。
問合せ:大阪商工会議所 経済産業部産業・技術振興担当 
     電話06-6944-6300、メールアドレスsangyo@osaka.cci.or.jp
     ファクシミリ 06-6944-6249

このページの作成所属
商工労働部 成長産業振興室産業創造課 新エネルギー産業グループ

ここまで本文です。