ものづくり (次世代電動車両等開発プロジェクト)

更新日:平成29年3月13日

次世代電動車両等の開発研究を支援します!!

 世界に誇る大阪の技(ものづくり企業)知(大学・研究機関)の集積を活かし、EV(電気自動車)やFCV(燃料電池自動車)関連技術を開発・支援!!
 大阪府では、EVを核に産業振興を図っていくため、平成21年6月に「大阪EVアクションプログラム」を策定し、様々な取組みを進めています。
 地域活性化の取組みを支援する「おおさか地域創造ファンド」を活用し、EV及びFCV関連部品の試作品等の開発や、それに伴う事業に対する助成も行っています。
 今後、大阪府立大学次世代電動車両開発研究センター(外部サイト)を中核拠点として、様々な関係者が連携し、府内ものづくり企業による次世代電動車両等の開発研究を支援していきます。

次世代電動車両等開発プロジェクト

本プロジェクトでは、「関西イノベーション国際戦略総合特区関連事業 事業化・成長促進支援プロジェクト実施計画」(大阪府・公立大学法人大阪府立大学・公益財団法人千里ライフサイエンス振興財団・大阪商工会議所 平成25年2月策定)で定めた目標・方向性である、EV(電気自動車)やFCV(燃料電池自動車)など、次世代電動車両の開発に係る研究シーズ、技術シーズを有する中小企業・ベンチャーを一体的に支援し、新産業を創出して新ビジネスの振興を目指すものです。
 EVやFCV及びそれらの関連部品・システム(モーター、蓄電池、燃料電池、充電器、水素ステーション、電子制御システム等)の開発を支援して、EV・FCVの新需要を創出し、関西イノベーション国際戦略総合特区の推進にも貢献します。

      次世代電動車両等開発プロジェクト

このページの作成所属
商工労働部 成長産業振興室新エネルギー産業課 推進グループ

ここまで本文です。