バッテリー戦略研究センター事業

更新日:平成29年8月17日

バッテリー戦略研究センターは電池関連ビジネスを応援します

大阪府では、国際戦略総合特区制度や、大阪・関西の産業集積・ポテンシャルを活かし、電池関連(蓄電池分野、水素・燃料電池分野など)産業の創出・国際競争力強化に向けて取り組んでいます。事業参入や実証フィールドの希望、技術面での課題など、お気軽にご相談ください。

1.名 称

バッテリー戦略研究センター(Battery Strategy Research Center)

2.所在地

〒559−8555

大阪市住之江区南港北1−14−16 大阪府咲洲庁舎25階 大阪府商工労働部内

3.専門人材

センター長 美藤 靖彦(びとう やすひこ)  略歴 [PDFファイル/45KB]

エキスパート 橋本 登(はしもと のぼる) 山梨大学燃料電池ナノ材料研究センター客員教授/一般社団法人 日本電機工業会(JEMA)

4.主な取組み

民間企業出身の蓄電池・燃料電池分野の専門人材らの知見・ネットワーク、特区制度(規制緩和・税優遇)等を活用し、国や業界団体、支援機関等とも連携しながら、関連企業の更なる発展および新規ビジネスへのチャレンジを支援します。

■多様なエネルギーを用いたスマートコミュニティ実証実験のコーディネート、新たな製品・ビジネスモデルの創出(需要創出や新たな用途開拓)

水素グリッドプロジェクト(外部サイト)

国内最大の燃料電池を大阪府中央卸売市場に導入

大阪府電池駆動ロボット社会実装推進協議会

■電池関連産業参入に向けた情報発信

エネルギー産業振興セミナー「世界最大規模!大型蓄電池システム試験評価施設の活用」

・バッテリー戦略研究センターセミナー

電気自動車構造研究会

■日本企業の国際競争力強化に向けた取組(関係機関との連携、国際会議など)

大阪工業大学とのバッテリーを活用したロボット産業の普及・振興などに関する連携協定締結

世界最大級の大型蓄電池試験・評価施設が特区エリアの咲洲地区に立地(外部サイト)

蓄電池関連分野の認証機関との産業振興に関する連携協定締結

「バッテリーサロン」を咲洲庁舎内に開設(平成28年9月〜) [PDFファイル/395KB]

『蓄電池、水素・燃料電池国際カンファレンス in 大阪』

5.お問い合わせ

バッテリー戦略研究センター(大阪府 商工労働部 成長産業振興室 新エネルギー産業課内)

電話番号:06-6210-9269

メールアドレス:shinenesangyo@sbox.pref.osaka.lg.jp

このページの作成所属
商工労働部 成長産業振興室新エネルギー産業課 調整グループ

ここまで本文です。