野鳥は自然のままに

更新日:平成27年4月2日

オシドリ 

野鳥はペットではありません

野鳥は、すべての人間にとって共有の財産であり、野鳥を小さな鳥かごに閉じ込めず、自然の中でのびのびと羽ばたき、さえずる姿をみんなで楽しみたいものです。

野鳥の捕獲・飼養について

・野鳥を捕まえたり飼ったりすることは、原則として鳥獣保護法(鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律)により禁じられています。
 無許可で野鳥を捕獲、飼養した者は、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金になります。(鳥獣保護法第83条第1項
  
・農業被害や生活環境被害を防止するため、どうしても野鳥を捕まえる必要がある場合は、市町村長の許可を受ける必要があります。
  
・平成24年度からメジロの 愛がん目的の捕獲が「禁止」されました。詳しくはこちら
  
・傷病鳥獣であったとしても、個人が自宅に持ち帰り飼養することは、生物多様性の保全の観点から望ましくありません。
 傷病野生鳥獣を見つけた場合はこちら
 落ちているヒナを見つけた場合はこちら

野鳥への餌付けについて

 餌付けされた野鳥は、人を恐れずとてもかわいいものです。しかし、人馴れすることで交通事故に遭いやすくなったり、生活環境被害を出して逆に駆除されるなど、野鳥にとって不幸な結果を招く原因となります。また生息地や渡りなどの行動が変化し、他の生き物に思わぬ影響が出るなど、生態系を乱す原因にもなります。自然界全体のことを考えて、原則として野鳥には餌を与えず静かに見守ってあげましょう。
 
・日本野鳥の会のサイト:鳥インフルエンザと水鳥への給餌中止について(外部サイト) 

このページの作成所属
環境農林水産部 動物愛護畜産課 野生動物グループ

ここまで本文です。