ヌートリアの生息状況等について

更新日:平成27年4月2日

 ヌートリアとは?

○南米原産
○形態の特徴
・体重:4kgから5kg、体長:50cmから70cm、尾長:35cmから50cm(日本に生息するげっ歯類では最大) 
・全身は茶色
・ネズミ独特の大きな前歯(オレンジ色)をもつ 
・物を掴むことのできる小さな手と、水かきのついた大きな足をもつ

○採食習性
・草食性(水陸の植物を主食) 
・農業被害は、根菜類(ニンジン・ダイコン)、葉菜類(キャベツ・ハクサイ)、瓜類(カボチャ・スイ カ)、イネなど多種にわたる 
・ドブガイ等の捕食も確認されており、タナゴ類の繁殖への影響が懸念されている

 ○ 巣穴
・河川、溜池、農業用水路等の土手に直径30cm長さ数mのトンネルを堀って巣穴とする 
・巣穴の入り口は水際1m以内が多い 
・浅瀬に浮き巣を作ることもある

○繁殖等
・年に3回から4回繁殖し、産子数は平均5頭から6頭と繁殖力は旺盛
・繁殖期はとくにない

全国におけるヌートリアの生息状況

1939年頃から軍服用の毛皮獣として意図的に導入したものが、逃げ出したり繁殖場の閉鎖にともない野外に放逐されたものです。日本の哺乳類では水辺で草食性の動物がいないことから、空きニッチにうまく入り込み定着し、20府県以上で生息が確認されています。農業被害金額124百万円、被害面積500ha(H20:農林水産省調べ)、有害鳥獣捕獲許可及び狩猟による捕獲実績は3,338頭(H14:環境省調べ)となっています。

なお、ヌートリアを捕獲することは捕獲場所の市町村長の許可が必要です。詳細はお住まいの市町村までお問い合わせ下さい。

ヌートリア捕獲マニュアル

ヌートリア捕獲マニュアル [PDFファイル/1.64MB]

このページの作成所属
環境農林水産部 動物愛護畜産課 野生動物グループ

ここまで本文です。