傷ついた野生鳥獣を見かけたら

更新日:平成28年5月27日

野生鳥獣の保護に対する考え方

 傷病野生鳥獣を保護することは、鳥獣保護思想の普及啓発や野生鳥獣の保護繁殖のために大切であり奨励されるべきものでありますが、許可なく野生鳥獣を捕まえたり飼ったりすることは、法律で禁止されています。他の生物を襲ったり他の生物に襲われたりすることは、いわば自然の摂理であるとも言え、生物多様性の保全の観点からも、傷ついた野生鳥獣を見つけた場合は原則そのままそっとしておいてください。かわいそうだからと連れて帰ってしまい、どうしていいか分からなくなるのでは、かえって無責任な行為となってしまいます。また、一時的にでも人間に保護飼養されることによって、かえって弱らせてしまうこともあります。

 例) 室温を一定で保つ・・・・・・野生での体温調整ができなくなる。
 例) 人間が餌を与える・・・・・・必要以上に人間に慣れる。自然の中で餌を採ることができなくなる。

 しかしながら、交通事故に遭遇した等、明らかに人間活動の影響で傷ついた場合は、状況によって救護が必要と考えられます。そのような場合は、大阪府の鳥獣行政担当部署(下記参照)にお問い合わせください。最寄りの「野生鳥獣救護ドクター」をご紹介します。

 なお、原則として救護制度による動物の保護及び「野生鳥獣救護ドクター」への搬入は救護者自身で実施していただくことになります。

救護対象外の動物

以下の動物は、原則、救護対象外の動物です。
 1.ペット、家畜、爬虫類など
 2.野鳥のヒナ(詳しくはこちらをご覧ください
 3.感染症を疑う動物(明らかな外傷がなく弱っているものなど)
 4.外来生物法により指定された特定外来生物に該当するもの
 5.農林水産業被害や生活環境被害の原因となっているもの(ドバト、カラスなど)

大阪府の鳥獣救護制度

チョウゲンボウ  
「野生鳥獣救護ドクター」:(公社)大阪府獣医師会、(公社)大阪市獣医師会及び開業獣医師のご協力のもと、ボランティアで治療していただけるようお願いしています。(診察の空き時間等を利用して診察を行うため、すぐに対応できない場合があります)

傷病鳥獣保護飼養ボランティア制度」:NPO法人及び個人のボランティアのご協力のもと、傷病野生鳥獣の保護・リハビリを行い、速やかな野生復帰を目指しています。

問い合わせについて

野鳥のヒナ、ドバト、カラス等や人間の活動以外で怪我をした動物は、原則、救護制度の対象外です。
(くわしくは、上記の「野生鳥獣の保護に対する考え方」及び「救護対象外の動物」に記載しています。)
また、原則として救護制度による動物の保護及び「野生鳥獣救護ドクター」への搬入は、救護者自身で実施していただくことになります。

「野生鳥獣救護ドクター」のご紹介は、下記の管轄区域(お住まいの区域)の窓口にお問い合わせください。

管轄区域

窓口

所在地及び電話番号

開庁時間


大阪市

北区、都島区、福島区、此花区、中央区、西区、港区
大正区、天王寺区、浪速区、西淀川区、淀川区、東淀川区
東成区、生野区、旭区、城東区、鶴見区、阿倍野区
住之江区、住吉区

大阪府
環境農林水産部
動物愛護畜産課
野生動物グループ

〒559-8555
大阪市住之江区南港北1-14-16
大阪府咲洲庁舎21階
Tel 06-6210-9619

(平日)

午前9時から午後6時00分

豊中市、池田市、吹田市、高槻市、茨木市、箕面市、
摂津市、島本町、豊能町、能勢町

大阪府
北部農と緑の総合事務所
みどり環境課

〒567-0034
茨木市中穂積1丁目
三島府民センタービル内
Tel 072-627-1121(代表)

 

(平日)

午前9時から午後5時45分

守口市、枚方市、寝屋川市、大東市、門真市、四條畷市
交野市、八尾市、柏原市、東大阪市

大阪府
中部農と緑の総合事務所
みどり環境課

〒581-0005
八尾市荘内町2丁目
中河内府民センタービル内
Tel 072-994-1515(代表)

(平日)

午前9時から午後5時45分

富田林市、河内長野市、羽曳野市、藤井寺市、松原市
大阪狭山市、河南町、太子町、千早赤阪村

大阪府
南河内農と緑の総合事務所
みどり環境課

〒584-0031
富田林市寿町2丁目
南河内府民センタービル内
Tel 0721-25-1131(代表)

 

(平日)

午前9時から午後5時45分

堺市、岸和田市、泉大津市、貝塚市、泉佐野市、和泉市
高石市、泉南市、阪南市、忠岡町、熊取町、田尻町、岬町

大阪府
泉州農と緑の総合事務所
みどり環境課

〒596-0076
岸和田市野田町3丁目
泉南府民センタービル内
Tel 072-439-3601(代表)

 

(平日)

午前9時から午後5時45分

このページの作成所属
環境農林水産部 動物愛護畜産課 野生動物グループ

ここまで本文です。