街路事業の事例1

更新日:平成21年8月5日

交通渋滞を解消!

みちができると、街並みがかわります。みちが広くなると、交通渋滞もなくなります。

画像です。巨摩橋交差点立体交差事業巨摩橋交差点立体交差事業

 大阪中央環状線は府下の道路網の骨格をなす広域基幹軸です。都市部の集中・通過交通の軽減、主要都市の連携、沿道の開発支援機能の向上を図るほか、近畿自動車道などからの交通量を集散させる大動脈です。 また、大阪東大阪線は大阪市と東大阪市を結ぶ道路であり、東大阪市の骨格的な道路です。
 この大阪中央環状線と大阪東大阪線の交差点は、近年の交通量の増大に伴い恒常的な渋滞をひきおこし、その周辺の交通にも大きな影響を及ぼしていました。
 そこで、大阪中央環状線の本線を立体化し、交通渋滞の解消を行いました。
計画図単純鋼床版箱桁橋としては世界一


側面図
断面図

 おおさかちゅうおうかんじょうせん
 大阪中央環状線

 こまばしこうさてん
 巨摩橋交差点      


このページの作成所属
都市整備部 交通道路室道路整備課 

ここまで本文です。