第2回竹内街道・横大路(大道)デジタルフォトコンテストの入選作品について

更新日:平成26年12月16日

第2回「デジタルフォトコンテスト」入選作品の紹介

第2回竹内街道・横大路(大道)デジタルフォトコンテストにたくさんのご応募を頂きありがとうございました。
応募いただいた137作品を審査の結果、大賞1作品・特別賞3作品・入賞10作品を選定いたしましたのでご紹介します。

 

大賞

第2回フォトコン大賞

【作品タイトル】:深々と降る雪

【撮影者】:堀内 勇

【撮影場所】:奈良県橿原市

【撮影者コメント】:橿原市の古い町並み「今井町」にこれほどの雪景色は珍しく、貴重な撮影の機会となりました。

 

特別賞

第2回フォトコン特別賞1

【作品タイトル】:晩秋の装い

【撮影者】:山本 明子

【撮影場所】:奈良県大和高田市

【撮影者コメント】:高田川堤の桜満開の時もきれいですが、その桜の木が秋になると真赤に色づき、落葉のじゅうたんとなり、晩秋の高田川も魅力があります。

第2回フォトコン特別賞2

【作品タイトル】:森の秋

【撮影者】:湖山 昌男

【撮影場所】:奈良県葛城市

【撮影者コメント】:かつらぎの森には大きな池があります。週の木々が秋の色彩に染まる頃はいちばんきれいに思います。

第2回フォトコン特別賞3

【作品タイトル】:二上山への道

【撮影者】:宮本 勝彦

【撮影場所】:大阪府太子町

【撮影者コメント】:太子町「万葉の森」からの登山道、見事な桜並木が続く、隠れた桜の名所である。

入選

第2回フォトコン入選1

【作品タイトル】:暮れゆく明日香

【撮影者】:白水 泉

【撮影場所】:奈良県明日香村

【撮影者コメント】:推古天皇の皇居とされる「小墾田宮」跡伝承地とされる場所で、この辺りを土地の人は「古宮」と呼んでいます。飛鳥時代の最初の宮跡とされる所の夕日は、古代へつれていてくれそうな風景でした。

第2回フォトコン入選2

【作品タイトル】:花園

【撮影者】:高橋 順二

【撮影場所】:奈良県橿原市

【撮影者コメント】:今年は昨年に比べ、キバナコスモスの花の面積が狭くなっていたのですが、一斉に咲いていたので、感動しました。暑さも忘れ青空の下撮影しました。

第2回フォトコン入選3

【作品タイトル】:棚田のガードマン

【撮影者】:高橋 一吉

【撮影場所】:奈良県明日香村

【撮影者コメント】:明日香村の案山子祭りのショットです。

第2回フォトコン入選3

【作品タイトル】:夏近し

【撮影者】:阪野 嘉章

【撮影場所】:奈良県明日香村

【撮影者コメント】:気都和既橋から見下ろす絶景の中で、ちょうど田植えをやり遂げた農機が、仕事を終えて上がってきた。いち農家の暦が夏へと変わる、青天の一枚。

第2回フォトコン入選5

【作品タイトル】:夜の始まり

【撮影者】:酢田 江里佳

【撮影場所】:奈良県橿原市今井町

【撮影者コメント】:夜が始まる前の空の色がきれいだったので撮りました。

第2回フォトコン入選6

【作品タイトル】:綺麗だね!

【撮影者】:花本 正信

【撮影場所】:奈良県桜井市笠地区

【撮影者コメント】:桜井市の山奥笠地区の高原に広大かつ有名なそば畠があり毎年行っています。今年は天候不順のせいか生育が悪く苦労して撮った作品です。すばらしい展望です。

第2回フォトコン入選7

【作品タイトル】:竹内に暮れる

【撮影者】:松田 全弘

【撮影場所】:奈良県葛城市当麻

【撮影者コメント】:不変の景色がそこにあり、人もそれに順応し生きていると感じました。

第2回フォトコン入選8

【作品タイトル】:大道のたたずまい

【撮影者】:松浦 義弘

【撮影場所】:羽曳野市軽里

【撮影者コメント】:峰塚古墳の北側を通りアシヶ池の北東角から軽里に入ります。竹之内街道古くからの造り酒屋さん このたたずまいが私は一番好きです 更に進むと白鳥陵となります。

第2回フォトコン入選9

【作品タイトル】:あべのハルカス桜花

【撮影者】:遠藤 チュウ

【撮影場所】:大阪市天王寺区

【撮影者コメント】:アベノハルカスと桜のコラボを撮れる所はないかと周辺を探しまわったら、ここにありました。桜の古木も大きくて見事です。

第2回フォトコンテスト入選10

【作品タイトル】:古(いにしえ)の海道、平成の海道

【撮影者】:桶本 義広

【撮影場所】:堺市

【撮影者のコメント】:竹内街道西の端となる堺市の更に西の端、堺港を表現しました。古く、明治の建物(灯台)と新しく、平成(現生)の建物(阪神高速道路)対比しました。

 

このページの作成所属
都市整備部 交通道路室道路整備課 計画グループ

ここまで本文です。