地域における先導的、特色のある取組について

更新日:平成29年10月17日

地域における先導的、特色のある取組について

大阪府では、地域における多様な担い手が連携・協力しあって地域課題の解決に取り組む「共助社会」の実現を目指しています。

地域においては、根幹の組織として重要な役割を果たしている自治会や町内会といった地縁団体だけでなく、NPOやボランティアによる自主的な活動も盛んに行われるようになっており、他の地域のモデルとなるような先導的な取組により、地域社会の活性化につながった事例も少なくありません。

大阪府では、市町村等が自律的に地域の活性化に取り組むことができるよう、市町村やNPOなどが行う先導的または特色ある取組のノウハウや成果等を収集し、順次発信していきます。

取組紹介 子どもがまちを元気にする “地域通貨” 

 取組    地域通貨「まーぶ」

 地域    箕面市

 団体名   特定非営利活動法人暮らしづくりネットワーク北芝

         取組内容[Wordファイル/688KB]  [PDFファイル/264KB]
        (平成29年10月17日掲載)

    

まーぶハローワーク2     まーぶハローワーク1     地域通貨「まーぶ」紙幣 見本
     「まーぶハローワーク」の様子                100まーぶ紙幣

このページの作成所属
府民文化部 男女参画・府民協働課 府民協働グループ

ここまで本文です。