生駒山系グリーンベルト整備事業

更新日:平成21年8月5日

生駒山系グリーンベルト整備事業とは

近年、大阪府では人口の増加にともない、山麓にまで市街地がひろがっており、土砂災害の危険性が増大しています。このようななかで昭和28年の権現川における土石流をはじめ数多くの土砂災害が発生している生駒山系で土砂災害に対する安全性を高め、かつ緑豊かな都市環境や景観を創造するため、山麓から山腹にかけて、斜面に一連の樹林帯からなるグリーンベルトの整備を行います。

生駒山系の山裾

生駒山系の裾野まで広がる市街地

事業のイメージ図
緑地保全地区の決定による緑地の保全
地すべり対策事業による緑豊かで安全な斜面の整備
砂防指定地の管理強化による樹林の保全
水と緑豊かな渓流砂防事業による砂防樹林帯の整備(山腹工・遊砂地)
緑地協定による緑化
公園事業による樹木の植樹
急傾斜地崩壊対策事業により緑豊かで潤いのある斜面の整備

これまでの主な活動の様子

寝屋川グリーンベルト間伐作業(平成19年6月) [PDFファイル/257KB]

寝屋川グリーンベルト間伐作業(平成19年11月) [PDFファイル/377KB]

交野市グリーンベルト間伐作業(平成19年11月) [PDFファイル/313KB]

交野市グリーンベルト事業で里山保全実地講座の報告(平成20年1月)  [PDFファイル/440KB]

このページの作成所属
都市整備部 河川室河川環境課 砂防グループ

ここまで本文です。