「新大阪・大阪エリア」の取組み(2) (うめきた2期)

サブメニューを飛ばして本文へ

ここから本文です。

更新日:令和元年7月17日

 うめきた2期の取り組みについて

 「みどり」と「イノベーション」の融合拠点の形成に向け、本格的な基盤整備事業の推進を市やUR等と取り組むとともに、経済界や行政等で連携して「みどりとイノベーションの融合拠点形成推進協議会」(※1)を設立し、まちびらきに向けた先行的取組みを推進しています。

 平成30年7月には開発事業者が決定(※2)し、開発事業者も「うめきた2期みどりとイノベーションの融合拠点形成推進協議会」に参画しました。

うめきた2期区域のまちづくりの目標である「みどり」と「イノベーション」の融合拠点の考え方うめきた2期スケジュール

 ※1 みどりとイノベーションの融合拠点形成推進協議会(協議会ホームページ)(外部サイト)

 ※2 うめきた2期地区開発事業者募集における開発事業者の決定について(UR都市機構ホームページ)(外部サイト)

うめきた2期の基盤整備事業

 うめきた2期のまちづくりでは、以下の基盤整備事業を進めています。 

JR東海道線支線地下化事業

大阪駅北付近約2.4km区間において鉄道を地下化する事業

新駅設置事業

大阪西口広場に、特急「はるか」が停車する新駅を設置する事業

土地区画整理事業

道路や駅前広場などの都市基盤整備を行う事業

公園整備事業

地区中央部に4.5haの都市公園を整備する事業

うめきた2期区域内の基盤整備の平面位置図

 

 

 

 

    

 うめきた2期区域の上空からの写真 うめきた2期区域内の暫定利用状況写真

平成30年4月20日時点の様子

うめきた2期の「全面みどり化」に向けて、みなさまからの寄附を募集しています

 うめきた2期のまちづくりは、斬新で独自性が高く、世界に強く印象づける「大阪の顔」となる都市空間を目指し、まち全体を包み込む「全面みどり化」に取り組んでいます。

 大阪府では、これを実現するため、皆様からの寄附を募集しています。

 募集開始期間:平成28年10月21日から

 皆様からの寄附は、「全面みどり化」を創出するための事業に活用します。

 寄附の手続きにつきましては、次のとおりです。

【寄附の手続き】

○寄附の申込み方法

 ご寄附いただける場合、「寄附申込書」に必要事項をご記入のうえ、次の問合せ先まで、郵便、ファックス又は電子メールのいずれかの方法により申込みください。

  寄附申込書 [Wordファイル/32KB]

  寄附申込書 [PDFファイル/29KB]

 受付後、「納付書」等を送付しますので、大阪府の公金収納取扱金融機関の窓口でご入金いただくことになります。

 なお、ご寄附いただくと、税制上の優遇措置が受けられます。

 ・個人からのご寄附は、個人住民税及び所得税の寄附金控除が受けられます。

 ・相続した財産を申告期限内までにご寄附いただいた場合は、寄附金相当額に対する相続税は非課税となります。

 ・法人のご寄附は、寄附金相当額が損金扱いになります。

 ご寄附をいただいた方については、お名前をホームページに掲載させていただきます。また、10万円以上のご寄附については、知事名の感謝状を贈呈しています。

○お問合せ先

 〒559-8555 大阪市住之江区南港北1−14−16 咲洲庁舎31階

          大阪府住宅まちづくり部 都市空間創造室 事業企画グループ

          電話番号:06−6210−9327(ダイヤルイン)

          FAX番号:06−6210−9329

          メールアドレス:toshikukan@sbox.pref.osaka.lg.jp

【寄附者のご紹介】

          これまでご寄附をいただいた方々

うめきた2期用地暫定利用(平成28年度〜平成30年度) ※終了しました

うめきた2期区域のエリアを示した航空写真 うめきた2期のまちづくりについては、平成27年3月に策定された「うめきた2期区域まちづくりの方針」をもとに、平成28年度以降早期に民間事業者募集を実施して民間提案により事業を進めることとしており、既に更地化されている2期区域においては、民間開発に先立ち、順次基盤整備の工事に着手いたします。

 また民間事業者募集の実施に向けて、「まちづくりの方針」に基づく質の高いまちづくりを実現するため、今後うめきた2期に関する情報発信やプロモーションが求められています。

 このため、まちづくりの早期実現に向け着実な工事進捗に努める一方、2期区域が大阪駅やグランフロント大阪に隣接し、工事期間中も常に来訪者の関心を集めることなどから、うめきた2期まちづくりのプロモーション、周辺エリアの賑わい創出及び防災意識の普及啓発が図られるよう、民間開発が本格化するまでの当面の間、区域内用地の暫定的な利活用を実施しました。

詳細についてはこちらよりご覧ください。

うめきた2期区域まちづくりの方針

 大阪府では、うめきた2期区域のまちづくりを検討している大阪駅周辺地域部会(以下「部会」という。)に設置された「うめきた2期区域まちづくり検討会」の事務局として、「うめきた2期区域まちづくりの方針(案)」の作成に携わってきました。部会の事務局である大阪市都市計画局で、平成26年12月26日から平成27年1月26日までパブリック・コメントが実施されました。この結果を踏まえて「うめきた2期区域まちづくりの方針」を決定しました。

 「うめきた2期区域まちづくりの方針」は、「うめきた2期区域」を対象に、まちづくりのめざすべき方向性などを示すものとして、当区域の都市計画や平成28年度以降に開発事業者を決定するために実施が予定されている「(仮称)うめきた2期区域開発事業者募集」におけるまちづくりの基本的な考え方をまとめたものです。

・「うめきた2期区域まちづくりの方針」は、こちらからご覧いただけます。

〔本編〕

 うめきた2期区域まちづくりの方針 [Wordファイル/710KB]

 うめきた2期区域まちづくりの方針 [PDFファイル/539KB]

〔資料集〕

 うめきた2期区域まちづくりの方針にかかる資料集 [Wordファイル/53.54MB]

 うめきた2期区域まちづくりの方針にかかる資料集 [PDFファイル/4.66MB]

〔概要版(参考資料)〕

 うめきた2期区域まちづくりの方針 概要 [Wordファイル/1.21MB]

 うめきた2期区域まちづくりの方針 概要 [PDFファイル/202KB]

このページの作成所属
住宅まちづくり部 都市空間創造室 事業企画グループ

ここまで本文です。