「長瀬川 川・まち あるき」を開催します【申込期間を延長しました】

更新日:平成30年10月18日

「世界かんがい施設遺産」登録記念 「長瀬川 川・まち あるき」 の参加者募集 <平成30年10月27日 土曜日 開催>

大阪検定協力事業

★申込期間を10月24日(水曜日)まで延長しました!

約300年前に大和川の付け替えと共に誕生した農業用水路・長瀬川。江戸期には川筋で盛んに新田開発がなされ、木綿の一大産地となり、大大阪繁栄の礎となりました。その後も時代と共に地域の振興・まちづくりに大きく寄与しました。現在も重要な農業用水源として、また身近に親しめる水辺として多くの人に愛され、日本の「疎水百選」にも選ばれました。
そして平成30年、「世界かんがい施設遺産」として登録が決定しました。
この長瀬川とゆかりの深い史跡などを訪ね、まちの歴史に親しんでいただくウォーキングイベント「長瀬川 川・まちあるき」を開催します。ボランティアガイドが見どころを案内・解説します。秋のさわやかな1日を、楽しく歩いて過ごしましょう!

★こんなところを歩きます★

二俣分水を歩く二俣分水付近

安中五丁目公園
安中5丁目公園と長瀬川

帝国キネマ撮影所跡地前と長瀬川
帝国キネマ撮影所跡地前



■開催日時:
平成30年10月27日(土曜日)午前9時から(受付は8時30分から)

■開催場所:長瀬川とその沿線施設(柏原市・八尾市・東大阪市) 

 コース(1)約6km (所要時間約3時間)
          集 合 近鉄河内小阪駅 南側駅前広場
     ゴール 八尾市安中町五丁目公園(JR八尾駅から徒歩5分)
 
 コース(2)約5km (所要時間約3時間)
     集 合 大和川河川敷公園(近鉄安堂駅から徒歩5分)
     ゴール 八尾市安中町五丁目公園(JR八尾駅から徒歩5分)

  ★コースイメージはこちら [PDFファイル/433KB]

■対象:一般府民

■参加費用:無料 (参加記念品を用意しています)

■定員:各コース50名 参加申し込みが必要です
   ※定員に達し次第締め切ります

■参加申込方法
 (1)大阪府インターネット申請・申込みサービスからお申し込みください。
     https://www.shinsei.pref.osaka.lg.jp/ers/input.do?tetudukiId=2018080046 
   ※10月19日(金曜日)18時から10月22日(月曜日)9時までは、システム更新のためサービスが利用できません。
     お手数ですが、この期間は(2)のFAXによりお申し込みください。

 (2)FAX申込み
  参加希望コース、参加者の氏名・電話番号・FAX番号・住所・年齢を記載の上、送信してください。
     ファックス番号  072-991-8281  中部農と緑の総合事務所 地域政策室あて
  
    FAX申込書 [Wordファイル/16KB]  FAX申込書 [PDFファイル/23KB]

  ※申込情報は本イベントに関することのみに用い、他の目的には利用しません。

■募集締切 10月24日(水曜日)

■服装・持ち物など
 動きやすい服装、運動靴でお越しください。水筒、タオル、帽子、雨具などもご準備ください。

■雨天時について
 小雨決行ですが、前日10月26日(金曜日)午後5時更新の気象庁Web天気予報で、当日午前6時から午前12時の大阪における降水確率が60%以上の場合は、中止とします。
 雨天時の開催に関する情報は、このホームページでお知らせします。

■その他
・集合場所には駐車場及び駐輪場はありません。お車や自転車でのご来場はご遠慮ください。
・ゴール後自由解散です。昼食はゴール後各自でお取りください。
・障がい等がある方で、参加にあたり配慮を希望する方は事前にご相談ください。

■問い合わせ先
 大阪府中部農と緑の総合事務所 地域政策室 電話 072-994-1515 内線381
 東大阪市土木部河川課(コース(1)の東大阪市域に関すること) 電話 06-4309-3000(代表)
 八尾市都市整備部土木建設課(コース(1)(2)の八尾市域に関すること) 電話 072-991-3881(代表)
 柏原市都市デザイン部都市管理課(コース(2)の柏原市域に関すること) 電話 072-972-1501(代表)

【主催】長瀬川水辺環境づくり推進協議会(八尾市・柏原市・東大阪市・築留土地改良区・大阪府中部農と緑の総合事務所)

【後援】大阪府ため池総合整備推進協議会

★本イベントは「大阪検定協力事業」(外部サイトを別ウインドウで開きます)として実施します。
 「大阪検定」の詳細については、下記画像をクリックしてごらんください。
 なにわなんでも大阪検定

このページの作成所属
環境農林水産部 中部農と緑の総合事務所 地域政策室

ここまで本文です。