自動車用バイオ燃料の普及

更新日:平成28年7月15日

自動車用バイオ燃料の普及

E3ではじめるエコアクション

 大阪府では、地球温暖化対策を進めるため、平成19〜23年度にかけて、バイオエタノール3%混合ガソリン(E3)を輸送用燃料として利用する実証事業を実施しました。このページでは、自動車用バイオ燃料の普及のため、E3供給スタンド情報の他、バイオエタノール混合ガソリンに関する情報を提供しています。 

E3供給スタンド情報

E3に関する情報

大阪府のE3実証事業(エコ燃料実用化地域システム実証事業:平成19〜23年度)

関連事業

  • 高濃度バイオ燃料実証事業
     平成21年度から平成22年度まで、より多くのバイオエタノールを混合したガソリンの実用化へ向けた検証を行うため、「高濃度バイオ燃料実証事業」を実施しました。
  • バイオエタノール利用推進会議
     全国に広がるバイオエタノールの製造・利用のプロジェクト。各地の取組主体が一堂に会し、情報交換を行い、連携するための会議を開催しました。

このページの作成所属
環境農林水産部 エネルギー政策課 温暖化対策グループ

ここまで本文です。