大阪府自治制度研究会

更新日:平成27年7月28日

「大阪府自治制度研究会」は、地方自治法の抜本改正の検討、地方政府基本法の制定に向けて、大阪から新たな自治制度を提案すべく、大都市制度のあり方について調査・研究を行うことを目的として、設置しました。
(参考:大阪府自治制度研究会設置要綱 [Wordファイル/26KB][PDFファイル/42KB]

研究会の構成(敬称略)

氏名

現職

座長  新川 達郎  同志社大学大学院 総合政策科学研究科 教授
副座長

高林 喜久生

関西学院大学 経済学部 教授
委員  青山 彰久  読売新聞 東京本社 編集委員
委員  赤井 伸郎  大阪大学大学院 国際公共政策研究科 准教授
委員  金井 利之  東京大学大学院 法学政治学研究科 教授

最終とりまとめの公表(平成23年1月27日)

10回に及ぶ会合のなかで各委員から出された意見や課題などを整理し、「最終とりまとめ」として公表しました。

中間とりまとめの公表(平成22年9月22日)

7回に及ぶ会合のなかで各委員から出された意見や課題などを整理し、「中間とりまとめ」として公表しました。研究会では、この「中間とりまとめ」を踏まえ、平成22年中に最終報告書をとりまとめる予定です。

研究会の開催

回数

開催日

概要

第10回研究会

平成22年12月22日(水曜日)○議題
 最終とりまとめに向けた議論のたたき台について
会議資料・議事録など

第9回研究会

平成22年12月8日(水曜日)○議題
 ・「中間とりまとめに対する大阪市の見解」について
 ・審議 
 (1)財政調整制度について
 (2)基礎自治体のあり方について
 (3)大都市制度 それに至るシナリオ・法改正に向けた課題整理について
 (4)道州制、関西広域連合や国との関係について
 (5)府市協議について
 (6)広域自治体のあり方について
会議資料・議事録など

第8回研究会

平成22年11月8日(月曜日)○議題
 (1)広域自治体と基礎自治体の役割分担について
  ・広域自治体の機能(都市計画の事例など)
  ・大阪市等のあり方 など
 (2)財政調整制度について
会議資料・議事録など

第7回研究会

平成22年9月13日(月曜日)○議題
 大阪にふさわしい新たな大都市制度を目指して
 中間とりまとめ(案)について
会議資料・議事録など

第6回研究会

平成22年8月30日(月曜日)○議題
 あるべき大都市制度の検討について
 ・これまでの議論のとりまとめ
 ・制度論にかかる論点整理  など
会議資料・議事録など

第5回研究会

平成22年7月29日(木曜日)○議題
 工程表と制度論の検討について
 ・府市の地域主権に関する考え方
 ・各種制度比較  など
会議資料・議事録など

第4回研究会

平成22年7月9日(金曜日)

○議題
 新たな大都市制度の実現に向けて
 ・大阪府・大阪市と愛知県・名古屋市との比較分析
 ・大阪府・市の歴史分析
 ・基礎自治体のあり方〜特別区と行政区の比較〜
 ・方向性について
会議資料・議事録など

第3回研究会

平成22年6月24日(木曜日)

○議題
 新たな大都市制度の実現に向けて(東京・愛知のヒアリング結果について)
会議資料・議事録など

第2回研究会

平成22年6月2日(水曜日)

○議題
 新たな大都市制度の実現に向けて(論点整理)
会議資料・議事録など

第1回研究会

平成22年4月22日(木曜日)

○議題
 大阪における新しい大都市制度について(問題意識と検討の視点)
会議資料・議事録など

このページの作成所属
副首都推進局 副首都推進局 (代表)

ここまで本文です。