地域教育協議会「すこやかネット」

更新日:平成29年10月4日

地域教育協議会「すこやかネット」とは

中学校区単位に設置(平成12年度から)

 教育を縁に、地域の子どもどうし、子どもと大人、大人どうしが交流し合い、「顔と名前の一致する人間関係」を育む中で、0歳から15歳の子どもの連続した成長を見据えた取組みをすすめます。

 育てよう!みんなのすこやかネット

すこやかネットのいいところ

  ○学校を中心に子どもと大人、大人と大人の交流がふえ、情報交換が活発になった

  ○子どもの地域活動への参加が増えた

  ○地域全体で子どもの成長を見守っていく気運が増えた

  ○教師と保護者・地域住民との信頼関係ができた

.

すこやかネットのもっと伸ばしたいところ

  □子どもを見守る大人のネットワークを拡大していく

  □子どもの主体的な活動を促進していく

  □子育て支援のネットワークや子どものためのセーフティネットワークづくりをすすめる

  □地域に開かれた保育所・幼稚園・小中学校づくりをすすめる

 

「すこやかネット」の3つの機能と活動

 ●連絡調整

  子どもの教育について話し合う場や機会を設定したり、課題解決に向けた取組みを推進するため、学校・家庭・地域間の連絡調整をします。

 ●家庭教育活動の活性化

  地域でのさまざまな体験と多様な人たちとの交流により、子どもの豊かな育ちと学びを培うとともに、大人どうしのつながりを深め、ともに学び、活動する人間関係づくりをすすめます。

 ●学校教育活動への支援・協力

  職場体験やゲストティーチャーなど、地域の人たちの協力により、学校教育活動の活性化を支援します。


「地域教育協議会(すこやかネット)」の組織・構成例

すこやかネットの組織・構成例


ポータルサイト「教育コミュニティづくり情報ページ」はこちら

このページの作成所属
教育庁 市町村教育室地域教育振興課 地域連携グループ

ここまで本文です。