高槻市の学校支援活動等の取組み(平成29年度から)

更新日:令和2年3月2日

高槻市の学校支援活動等の取組み

◆平成20年度から平成22年度の取組み

高槻市立第二中学校区

令和元年度

障がい者が誇りを持って働ける社会  高槻市立真上小学校

第二中学校区地域学校協働本部と第二中学校区PTAが共催で実施する人権講演会。
今年は、「障がい者が誇りを持って働ける社会」をテーマに、教職員、保護者、地域が一堂に介し、人権課題について理解を深めた。

参加者の声
・障がいをその個人の個性として捉え、障がいのあるなしに関わらず、まずは挨拶し、相手を知ることが大切だということを知りました。
・講師である4名の皆さんの活動の背景を知り、互いを正しく理解するためのコミュニケーションは不可欠だと思いました。
・知識不足もあり、リアルな当事者の声が聞けて、具体的にどういった声かけやコミュニケーションをとったらいいかも伝えてくださいました。
・それぞれの壁に立ち向かう勇気をいただきました。

dai2chuu1 dai2chuu2

高槻市立第四中学校区地域教育協議会

平成29年度

よんぼーサイ2017

1.防災クイズ・ワークショップ

関西大学学生団体KUMCによる防災啓発に関するワークショップ 
・簡易スリッパ、紙コップ作り体験 

2.高槻市に水害・土砂災害が起こったら!

高槻市水害・土砂災害ハザードマップについての説明

3.防災展示・ブース・炊き出し訓練

いざという時に持ち出す物品の展示

四中備蓄倉庫の備蓄品展示

四中生による防災ブース
・紙パックで作る非常用持ち出し箱作り
・防災グッズ探しゲーム
・ペットボトル椅子コーナー  

防災かまどを使った、火おこし、お湯わかし
アルファ化米とスープの試食  など

よんぼーさい2017 よんぼーサイ2017その2

このページの作成所属
教育庁 市町村教育室地域教育振興課 地域連携グループ

ここまで本文です。