泉南市の学校支援活動等の取組み(平成29年度から)

更新日:平成31年3月25日

泉南市の学校支援活動等の取組み(平成29年度から)

◆平成26年度から平成28年度の取組み

◆平成23年度から平成25年度の取組み

◆平成20年度から平成22年度の取組み

※ご覧になりたい中学校区をクリックしてください。

泉南中学校区地域本部

西信達中学校区地域本部

一丘中学区地域本部

信達中学校区地域本部

◇泉南中学校区地域本部

平成30年度

親子クッキング

今年は、『中国の料理にチャレンジ!』というテーマで、ディーサンシェン(なすとピーマンとじゃがいもの炒め物)・ふわもち海老のスープ餃子・豆腐白玉のフルーツポンチ・マーラーカオ(中国風蒸しパン)を親子で楽しくつくりました。
例年以上にたくさんの方が参加して下さり、熱気にあふれる催しとなりました。
参加された方の感想の中に、「新しい校舎になっても、ぜひ参加したいと思いますので、企画たいへんと思いますが、よろしくお願いします。」とありました。
保護者同士のつながりのきっかけとなるように、今後も楽しい催しを考えていきたいと思います。

親子クッキング 1 親子クッキング 2

平成29年度

校区清掃ボランティア  (泉南中学校)

学校支援ボランティアの方々が多数参加してくださった。

学習のねらい

生徒会活動を通して、ともに協力して、学校の諸問題を解決していこうとする意志と態度を育てる。
清掃活動を通して、資源のリサイクルについての知識を身につける。
ゴミのリサイクル、資源、環境についての学習会を行い、活動の意義を理解させる。

成果(児童・生徒の感想や反応等)

参加した生徒を中心に、ゴミの分別に対する意識が高まった。
物を大切にするなど、環境の視点での意識がめばえてきた。

校区清掃ボランティア

◇西信達中学校区地域本部

平成30年度

西信達フェスタ

西信達中学校区の各団体が「地域の子どもは地域で育てよう」を合言葉に子どもたちの健全育成のため力を合わせて活動しています。
その中で目玉となるイベントが西信達ふれあいフェスタです。
ステージ発表を中心にバザー、展示発表、遊ぼうコーナー、食べようコーナー、ふるまい餅、本に親しもうコーナーなど盛りだくさんの内容で、地域の人々の趣味や特技の発表の場となっています。
今年も小学校高学年と中学生を対象に募集しているボランティアスタッフの子どもたちが、クリーンメイトや各ブースの手伝いなど様々な場面で活躍してくれました。中学生のボランティアは、当日だけでなく前日の準備から終了後の最後の後片づけまで一生懸命に頑張ってくれました。
ふれあいフェスタは子どもと大人の世代間交流はもちろん、地域の大人同士の交流の場となって、地域の恒例行事として定着しています。

西信達フェスタ 1 西信達フェスタ 2

平成29年度

花いっぱいプロジェクト  (西信達小学校)

昨年度に引き続き、岸和田土木事務所の支援のもと、パンジーの苗1000株を育て、学校や地域を花いっぱいにするという活動を1年生が行いました。

10月26日(木曜日)「移植作業」

パンジーのプラグ苗をポットに移植する作業を行いました。
岸和田土木事務所の方々や地域の方々と一緒に、1年の子どもたちは、一生懸命移植の作業をしました。

12月21日(木曜日)「移植作業・出荷式」

移植してから、1年生が水やりをして育てたパンジーを、プランターに移植し、地域の方々にお渡しする出荷式を行いました。
作業には、前回と同じく岸和田土木事務所や地域の方々がサポートしてくれました。
プランターにさすプレートは、去年作業をした2年生が、作成しました。
出荷先は昨年より増えて、校区の小学校や区民会館、保育園、郵便局、お店などに出荷しました。
みなさん喜んで受け取ってくださいました。

花いっぱいプロジェクト1 花いっぱいプロジェクト2

◇一丘中学校区地域本部

平成30年度

リサイクル&ふれあいデー

11月10日に『第18回リサイクル&ふれあいデー』が開催されました。
吹奏楽部の懐かしの曲から最新曲まで華やかなオープニングに観客も手拍子で大いに盛り上がりました。
ふれあいコーナーでは、どのブースも子ども達であふれ、楽しそうな様子が見受けられ、手拍子で今年も大賑わいで活気に溢れていました。地域教育協議会本部テントでは中学生ボランティアと一緒にアルミ缶の回収に取り組み、多数の方にご協力いただきました。
この『リサイクル&ふれあいデー』は、子ども達の健全な教育の為に、家庭、教育機関、地域が連携する事を目的とした催しです。
多くの人と関わる中で、子ども達が笑顔で過ごせるよう、これからも地域のワ(話・和・輪) を大切に今後もこの『リサイクル&ふれあいデー』が続く事を願っています。

リサイクル・ふれあいデー

平成29年度

しめ縄づくり体験  (新家東小学校・新家小学校)

新家地区福祉委員会の方々が中心となり、「地域のお年寄りと子どものふれあい」と「新家地区の2小学校4年生の交流」を目的に、しめ縄作りを今年も12月8日に行いました。
今年は新家東小学校が当番校となり、総勢200名程が体育館に集まって楽しい活動を通して、交流を深めることができました。
午前中は11のグループに分かれて、福祉委員の方々が準備してくださった材料をもとに「しめ縄」をつくりました。
初めて縄をなう子ども達は慣れない手つきで悪戦苦闘していましたが、お年寄りの方に教わりながら上手につくることができました。
その後は、福祉委員の方が用意してくださった、大きく美味しいおにぎりとコロッケの昼食をいただき、午後は両校児童による歌やダンスの出し物と地域の方によるパフォーマンスで盛り上がりました。
地域の方々のおかげで、4年生は手づくりのしめ縄で新年を迎えることができました。

しめ縄づくり1 地域との交流

◇信達中学校区地域本部

平成30年度

フェスタしんだちのワッ!

今年で17回目となり、すっかり毎年恒例の行事として校区で定着してきました。
今年度は、心配していたお天気も朝から晴れ間が広がり、参加者も早くから来場し、様々な催しを楽しみました。
校区の幼稚園や小中学校の教職員、PTAの方々、青少年指導員さん、民生委員さんの協力を得て、準備や会場内外の誘導など安全面にも配慮した取り組みができました。
また、中学生の生徒もスタッフとして各ブースの手伝いをし、参加団体の方々から感謝の声を多数頂きました。
舞台発表は各団体が趣向を凝らしたステージでお客さんを楽しませ、大変盛り上がっていました。
模擬店の食べ物コーナーやゲームコーナーでは、準備していた数が終了時間前に売り切れてしまう状態で活気あふれる催しとなりました。  
校区の幼小中が連携し、地域や家庭、様々な団体の方との協働で一つのイベントを成し遂げました。
苦労もたくさんありますが、校区のみんなが笑顔で過せる貴重なひと時となっています。
来年度も、更に連携した取り組みになるようにと考えています。

フェスタ 1 フェスタ 2

平成29年度

フェスタしんだちのワッ!

今年で16回目となり、すっかり毎年恒例の行事として校区で定着してきました。
校区の幼稚園や小学校の教職員、PTAの方々、青少年指導員さんの協力を得て、準備や会場内外の誘導など安全面にも配慮した取組みができました。
また、中学生の生徒もスタッフとして各団体の手伝いをしてくれ、各団体からも感謝の声を多数頂きました。
舞台発表は参加団体が増え、お客さんもたくさん集まり大変盛り上がっていました。
模擬店の食べ物コーナーやゲームコーナーでは、準備していた数が終了時間前に売り切れてしまう状態でした。
校区の幼小中が連携し、地域や家庭、様々な団体の方との協働で一つのイベントを成し遂げる。
苦労も多いけれど、校区のみんなが笑顔で過せる貴重なひと時だと感じています。
来年度も、更なる連携のために取り組んでいきたいと考えています。

フェスタ1 フェスタ2


このページの作成所属
教育庁 市町村教育室地域教育振興課 地域連携グループ

ここまで本文です。