柏原市の学校支援活動等の取組み(平成29年度より)

更新日:平成30年3月30日

柏原市の学校支援活動等の取組み

◆平成23年度から平成25年度の取組み

◆平成20年度から平成22年度の取組み

柏原市青少年健全育成協議会(玉手中学校区)

平成29年度

地域懇談会・小学校  (旭ヶ丘小学校)

体育館に100名以上の地域の方と保護者、教職員が集まり、地区懇談会が開かれました。
旭ヶ丘小学校健全育成会では、昨年度より小学校の10月に行われる日曜参観に合わせて、地区懇談会を行っています。
今年の内容は、防犯協会より「最近の犯罪傾向」、子ども見守り隊より「登下校を含めた活動状況」、そしてPTAから「地域防災」について、災害の種類によって避難する場所の確認や災害時に必要な備蓄の状況など、独自の取材をもとに説明がありました。
討論会では、非常食を実際に調理し全員で試食した後、災害への備えや地域の安全について話し合いました。

地域教育懇談会

サマーフェスティバル  (玉手小学校)

玉手中学校区の児童・生徒・保護者など、700名以上が集まり、地域の健全育成会や教職員が中心となって、かき氷やフランクフルトなどの売店や、ストラックアウトや金魚すくいなどの遊びを用意して、交流する機会を作っています。
この交流で、子ども同士はもちろん、子どもと大人、そして大人同士も絆を強めていくことができています。

サマーフェスティバル

クラブ体験交流  (玉手中学校)

校区の2小学校の6年生が中学校に集まり、4月以降登校する学校のクラブを一緒に体験することで、中一ギャップを無くしていきます。
同時に、健全育成会の方々も集まり、豚汁を作ってふるまったりするなど、地域の交流としても役立っています。

クラブ体験交流

このページの作成所属
教育庁 市町村教育室地域教育振興課 地域連携グループ

ここまで本文です。