貝塚市の学校支援活動等の取組み(平成29年度から)

更新日:平成31年3月25日

貝塚市の学校支援活動等の取組み(平成29年度から)

◆平成26年度から平成28年度の取組み

◆平成23年度から平成25年度の取組み

◆平成20年度から平成22年度の取組み

※ご覧になりたい中学校区をクリックしてください

第一中学校区学校支援地域本部

第二中学校区学校支援地域本部

第三中学校区学校支援地域本部

第四中学校区学校支援地域本部

第五中学校区学校支援地域本部

◇第一中学校区学校支援地域本部

平成30年度

花の一中サポート隊 

「花の一中サポート隊」活動は、学校の前庭を年中、花と緑でいっぱいいする活動です。
7月4日(水曜日)今年もPTAや地域の方に来ていただき、たくさんのポーチュラカの苗をプランターへ植え替えていただきました。
その苗はどんどん育ち、2学期の始業式には満開となり、ピークを迎えました。
活動は夏と秋の年2回行い、秋には春の満開へ向けて、ビオラの苗をプランターに植え替える作業を行いました。

花の一中サポート隊

一中フェスティバル

10月19日(土曜日)に第一中学校のPTA主催による一中フェスティバルを開催ました。
オープニングでは、体育館において、有志によるダンスや演劇、合唱部による歌、またPTAアンサンブルの演奏など、様々な舞台発表が行われました。
その後、ゲームコーナーやアクセサリーなどの手作りコーナーの催しが始まり、中庭ではPTAの役員OBや地域の方々のボランティアによるポテトや焼きそばの屋台など、飲食コーナーが開設されました。
今年度は過去最高の700人以上の参加があり、大盛況に終わりました。
生徒だけでなく地域の方々にもたくさん参加していただくことができました。    

一中フェスティバル            

平成29年度

ボランティア清掃活動  (第一中学校)

8月6日(日曜日)に「泉州そうじに学ぶ会」の皆さんの指導のもと、ボランティア生徒を募り実施しました。
暑い中、便器に顔を突っ込むようにして、真っ白に磨きあげピカピカにしました。
便器磨きを通して「心を磨き」ました。

ボランティア清掃活動

一中フェスティバル

PTA主催で、10月21日(土曜日)に第一中学校内にて実施しました。
有志のダンス、演劇、合唱、PTA委員によるアンサンブル演奏等のオープニングでスタートし、生徒会とPTA役員が中心となって進められました。
また、手作りコーナー、ゲームコーナー、簡単な食べ物コーナーなどの催しと、他にも元PTAのボランティアからは「豚汁」「焼きそば」「ポテトフライ」などを提供していただきました。
雨にも関わらず約400名の参加で、大盛況に終わりました。

一中フェスティバル

◇第二中学校区学校支援地域本部

平成30年度

夢・ふれあいフェスタ

地域主催のイベントでは、地域と学校がコラボレーションしてイベントを盛り上げました。
中学校の生徒たちや地域の方々、PTAを中心に様々なコーナーが設けられ、例えば「スポーツ」「ものづくり」「フランクフルト」「ポン菓子」「舞台発表」など、小さな子どもからお年寄りまで幅広く楽しむことができるよう工夫しました。
今年は舞台発表の中で、いろいろなイベントで活躍している筝曲部(お琴)が演奏を披露しました。
ほとんどのコーナーが無料で、あまり費用がかからないことがこのイベントの特色です。
参加人数は、例年2500人を超える大きなイベントになっています。

夢・ふれあいフェスタ 1 夢・ふれあいフェスタ 2

18歳進路を考える (第二中学校)

本校では、毎年日曜参観の午前中に、18歳になる卒業生に来校していただき、3年生を対象に自分の進路を熱く語ってもらっています。
夢や目標を持つことと、勉強の大切さの話をしていただきます。
また、その話を受けて、各自が目標にあった大学や専門学校を訪問する取り組みを行っています。

18歳進路を考える

平成29年度

地域新聞作成  (第二中学校)

生徒たちが8つのグループに分かれて、地域の学習をしました。
グループごとに「歴史・人・お店」をテーマに地域の方にインタビューを行い、新聞にまとめました。
そして、全体に発表し、交流を行いました。
学習をする中で、地域の良さを再発見したり、自分たちが多くの地域の方々に支えられ,見守られていることに気付きました。

地域新聞作成

筝曲部・ボランティア演奏  (第二中学校)

地域の方が、毎週1回学校で、お琴の指導をしてくださっています。
生徒たちも日本の伝統楽器のお琴の音色に魅了され熱心に練習をしています。
今年は市内中学校文化部の発表の場であるフェスティバルに出演したり、ボランティア演奏として二中にある和太鼓部とコラボして「貝塚世界に親しむ会」にて演奏会を開催したりしました。

ボランティア演奏

◇第三中学校区学校支援地域本部

平成30年度

第18回ふるさとふれあいフェスティバル

第18回目となる今年は「もっと大きくなあれ 笑顔の輪」をスローガンとして、第三中学校並びに第三中学校区小学校、幼稚園、認定こども園、PTA、同校区青少年指導員、同校区各校園職員、地域コーディネーターが実行委員となり、模擬店、展示、ステージ発表を各参加団体の協力により運営し、約2000名が参加しました。

ふるさとふれあいフェスティバル 1 ふるさとふれあいフェスティバル 2

平成29年度

教育講演会  (東山小学校)

第三中学校区の小学校を輪番で会場として、毎年教育講演会を開催しています。
平成29年度は東山小学校で、4年生と保護者、地域の皆さんが一緒に参加するかたちで、「ケータイ安全教室」を開催しました。
例年はこのほかに大規模な「ふるさとふれあいフェスティバル」を開催していますが、平成29年度は台風により残念ながら中止となってしまいました。

教育講演会 教育講演会のようす

◇第四中学校区学校支援地域本部

平成30年度

環境美化活動 (第四中学校)

各クラブ員が、早朝毎日交代で正門付近や玄関、廊下、ピロティー等を清掃する取組みや、月に一度、全クラブ員で学校をあげてのクリーン作戦を実施し、学校施設は古いが、掃除の行き届いた学校環境を作っています。
夏休みの最後には、地域の人たちや保護者の協力を得て、学校内の樹木伐採を実施し、年間を通しての環境美化の一端を担っていただいています。

環境美化活動

すこやかネット研修会 (第四中学校)

また、第四中学校区学校支援地域本部事業(すこやかネット)と学校PTAが連携して、日本姿勢予防協会の妹尾晃典氏を招き、「正しい姿勢の大切さ」というテーマで研修会を実施しました。
正しい姿勢をとることが健康面での効果があるだけでなく、子どもたちにとって、体力・学力の向上にもつながる大切なことであることをあらためて学ぶ機会になりました。

すこやかネット研修会

平成29年度

清掃ボランティア

「泉州掃除に学ぶ会」のみなさんに指導を頂き、地域の方や保護者と一緒に、校内のすべての便器を真っ白になるまで磨く取組みを5月に行いました。
年度当初の取組みとして、一年間学校・地域の環境を美しく保つ為の意識付けとなっています。
また、各クラブ員が早朝に、毎日交代で正門付近や玄関、学校周りを清掃する取組みや、学校をあげてのクリーン作戦を月に一回実施し、施設は古くとも、掃除の行き届いた学校環境を作っています。
夏休みの最後には、地域の方や保護者の協力を得て学校内の樹木伐採を実施し、年間を通しての環境美化の一端を担ってくれています。

清掃ボランティア

合同研修会

本年度、第四中学校区学校支援地域本部事業(すこやかネット)と学校PTAが連携して、講談師の旭堂南青氏を招き、「より良い人間関係づくり」のテーマで研修会を行い、親子、地域等、より良い人間関係を築くために大切なものについて考えました。

合同研修会

◇第五中学校区学校支援地域本部

平成30年度

まちかど学級園 (第五中学校)

人権ボランティア委員を中心に、春夏はポーチュラカ、秋はビオラの苗を作ります。  
11月23日にはまちかど学級園として、ビオラの苗をプランターに定植しました。
当日は、第五中学校の生徒を始め、二色小学校児童、校区福祉委員会、校区町会、老人会の方々等、多数の参加があり、子どもから大人までが一緒に作業を行い、楽しい交流の場となりました。
植え替えられた苗は、浜手地区公民館、郵便局、自然遊学館、おおぞら保育園、脇浜保育園など校区内の各所へ配られるとともに、参加者それぞれが校区の各所へ持ち帰りました。
校区のあちらこちらにたくさんのビオラが咲き、明るい街づくりにつながっています。

まちかど学級園

平成29年度

まちかど学級園

9月から第五中学校の委員会活動等で、ビオラを種から苗に育ててきました。
今年は、昨年度よりも苗がよく育ちました。
11月23日には、育てた苗をプランターに植え替えました。
第五中学校の生徒をはじめ、二色小学校児童、校区福祉委員会、校区町会、老人会の方々等、たくさんの参加がありました。
子どもからおとなまでが一緒に作業を行い、楽しい交流の場となりました。
色とりどりのビオラが植えられたプランターは、浜手地区公民館、郵便局、自然遊学館、おおぞら保育園、脇浜保育園など校区内の各所へ配られました。
春先まで、校区のあちらこちらにビオラが咲き、明るい街づくりにつながっています。

まちかど学級園 まちかど学級園2

このページの作成所属
教育庁 市町村教育室地域教育振興課 地域連携グループ

ここまで本文です。