4月23日は「子ども読書の日」

更新日:平成30年5月1日

子ども読書の日        

   
  
 4月23日は子ども読書の日です。子ども読書の日
 子どもの読書活動についての関心と理解を深め、積極的に読書活動を行う意欲を高めるために、「子どもの読書活動の推進に関する法律」で「子ども読書の日」と定められました。
 この日が、「ロミオとジュリエット」や「ハムレット」の著者シェイクスピアと「ドン・キホーテ」の著者セルバンテスの命日であり、また、ユネスコが「世界・本と著作権の日」と宣言していることなどにちなんだそうです。 
 また、スペインのカタルーニャ地方では、大切な人に本と赤いバラの花を一緒に贈るサンジョルディという習慣があります。 
 4月23日は、子どもと一緒に本を読んだり、大切な人に本を贈ってみませんか?

  
文部科学省「子どもの読書の情報館」(外部サイトを別ウインドウで開きます) 
ユネスコ「World Book and Copyright Day(世界・本と著作権の日)」(外部サイトを別ウインドウで開きます)


 
   府立図書館所蔵の本







府立中央図書館が所蔵しているシェイクスピアとセルバンテスの本の一部
最も古いものは、今から約110年前(1909年)に出版されています。







えほんのひろば in 京阪シティモール

子ども読書の日直前イベントとして、株式会社京阪流通システムズのおまつり委員会とともに、えほんのひろばを開催しました。
約450冊の絵本を自由に手に取って読んだり、読み聞かせやしおり作りを楽しんだり、とても盛況なイベントとなりました。

日時 平成30年4月21日(土曜日) 12時から17時まで

場所 京阪シティモール 2階 大川側イベントスペース
   (大阪市中央区天満橋京町1−1、京阪電車・Osaka Metro(旧大阪市営地下鉄)谷町線・シティバス(旧大阪市営バス)「天満橋駅」下車すぐ)

内容 〇えほんのひろば 12時から17時まで
    ○おまつり委員会によるワークショップ「しおり作り」 13時から、14時30分から、16時から(各回定員6名、30分程度) 
    〇おまつり委員会による読み聞かせ 14時から、15時から(各回30分程度)
    (参加費無料、申込不要。ワークショップのみ先着順)

参加者 約90名(大人54名、こども35名)

チラシ [PDFファイル/651KB]

こどもの読書週間        

   子どもの読書週間ポスター
 4月23日から5月12日はこどもの読書週間です。
 子どもたちにもっと本を、子どもたちにもっと本を読む場所をとの願いから、「こどもの読書週間」は1959年(昭和34年)に誕生しました。もともとは、5月5日の「こどもの日」を中心とした2週間(5月1日から14日)でしたが、子どもの読書への関心の高まりを受け、「子ども読書年」である2000年より現在の4月23日(世界本の日・子ども読書の日)からに期間を延長し、全国の出版社、取次店、書店、図書館等の団体でつくられる「読書推進運動協議会」が運動を進めています。

公益社団法人 読書推進運動協議会「こどもの読書週間」(外部サイトを別ウインドウで開きます)
参議院「子ども読書年に関する決議」(外部サイトを別ウインドウで開きます) 
 
 「こどもの読書週間」の期間は、街の本屋さんや図書館でたくさんの本に関する催しが行われています。ぜひ、一度訪れてみてください。

大阪府内のこどもの読書週間の催しはこちら
    →地域の図書館等の催し [Excelファイル/140KB]

このページの作成所属
教育庁 市町村教育室地域教育振興課 社会教育グループ

ここまで本文です。