放課後子ども総合プラン

更新日:平成29年4月24日

放課後子ども総合プランロゴ

 共働き家庭等の「小1の壁」を打破するとともに、次代を担う人材を育成するため、全ての児童が放課後等を安全・安心に過ごし、多様な体験・活動を行うことができるよう、一体型を中心とした放課後児童クラブ及び放課後子ども教室(大阪では「おおさか元気広場」)の計画的な整備等を進めることを目的に、平成26年7月、厚生労働省及び文部科学省が共同して「放課後子ども総合プラン」を策定しました。

これまでの「放課後子どもプラン」のサイトへ

「放課後子ども総合プラン」(文部科学省・厚生労働省放課後子供プラン連携推進室サイト)

一体型の放課後児童クラブ及び放課後子ども教室の考え方

 全ての児童の安全・安心な居場所を確保するため、同一の小学校内等で両事業を実施し、共働き家庭等の児童を含めた全ての児童がおおさか元気広場(放課後子ども教室)の活動プログラムに参加できるもの

  • 全ての児童が一緒に学習や体験活動を行うことができる共通のプログラムの充実
  • 活動プログラムの企画段階から両事業の従事者・参画者が連携して取り組むことが重要
  • 実施にあたっては、特別な支援を必要とする児童や特に配慮を必要とする児童にも十分留意
  • 放課後児童クラブについては生活の場としての機能を十分に担保することが重要であるため、市町村が条例で定める基準を満たすことが必要

放課後児童クラブ(放課後児童健全育成事業)とは

おおさか元気広場とは

プログラムの充実にむけた研修や出前プログラム及び研修のお知らせ

 プログラムの充実を図るため、大阪府では、教育コミュニティづくりを応援する企業や団体による出前プログラムの紹介や、放課後児童クラブや放課後子ども教室の関係者が現場で活用できるプログラムの研修会を行っています。

教育コミュニティづくり応援企業・団体による出前プログラムの紹介はコチラ

現場で活用できるプログラム研修会(放課後子ども総合プラン研修会)の案内はコチラ

このページの作成所属
教育庁 市町村教育室地域教育振興課 地域連携グループ

ここまで本文です。