ビブリオバトル普及事業

更新日:令和3年2月24日

ビブリオバトルとは

「ビブリオ」は書物などを意味するラテン語由来の言葉で、「ビブリオバトル」とは、立命館大学情報理工学部の谷口忠大教授が考案したゲーム感覚を取り入れた新しいスタイルの「書評合戦」です。バトラー(発表者)たちがおすすめの本の魅力を5分間で紹介しあい、聞いていた人たち全員で「一番読みたくなった本」(チャンプ本)を決めます。

ビブリオバトルのやり方 画像


大阪府中高生ビブリオバトル大会

ビブリオ写真1

ビブリオ写真2
ビブリオ写真3ビブリオ写真4
子どもどうしがゲーム感覚でおすすめの本を紹介しあう「ビブリオバトル」の普及を図ることにより、読書から遠ざかりがちな中高生に対して「本を読んでみたい!」と感じるきっかけづくりを推進するために「大阪府中高生ビブリオバトル大会」を開催します。

主催:大阪府教育委員会   

共催:活字文化推進会議

開催時期:例年、10月中旬から12月上旬に開催しています。

大阪府公式ルール [Wordファイル/49KB][PDFファイル/82KB]







過去のビブリオバトル大会

第5回大阪府中高生ビブリオバトル大会

第4回大阪府中高生ビブリオバトル大会

第3回大阪府中高生ビブリオバトル大会

第2回大阪府中高生ビブリオバトル大会

第1回大阪府中高生ビブリオバトル大会





ビブリオバトルに関する研修

研修風景1

研修風景2
研修風景3研修風景4
「ビブリオバトル」を実施するにあたっての工夫や実践方法を提供することで、学校や公立図書館での普及を図り、本を読むきっかけづくりとします。

主催:大阪府教育委員会

対象者
 
・市町村教育委員会事務局職員(子ども読書活動推進担当者、学校図書館教育担当者等)
 ・小学校、中学校、高等学校、支援学校等の教諭や、学校図書館司書等
 ・公立図書館司書
 ・学齢期の子どもの読書活動に関わる方

過去のビブリオバトルに関する研修

平成28年度 地区別研修「ビブリオバトル研修」

平成27年度 地区別研修「ビブリオバトル研修」

このページの作成所属
教育庁 市町村教育室地域教育振興課 社会教育グループ

ここまで本文です。