先天性血液凝固因子障害等医療費助成

更新日:平成28年6月22日

先天性血液凝固因子障害等医療費助成

 原則として20歳以上の先天性血液凝固因子障害等患者に対し、医療保険及び介護保険法の規定による訪問看護、訪問リハビリテーション、居宅療養管理指導並びに介護療養型施設サービスの自己負担(入院時食事療養費を含む)が公費負担されます。
 詳しくは、こちらをご覧ください。

このページの作成所属
健康医療部 保健医療室地域保健課 難病認定グループ

ここまで本文です。