「HIV陽性者在宅医療・介護支援チーム派遣事業」

更新日:平成30年8月8日

「HIV感染者・エイズ患者の在宅医療・介護の環境整備事業」
「支援チーム派遣事業」

1 目的
    治療法の進歩により長期存命が可能となったHIV感染者・エイズ患者に対する在宅医療・介護環境を整備するため、在宅医療・
   介護を行う事業所等をHIV医療の専門的知識を有する支援チームが支援し、地域のHIV医療の環境を整備すること。


2 実施主体
   公益財団法人エイズ予防財団(厚生労働省委託事業)
   実施要項(外部サイト)

3 事業内容
   HIV陽性者の在宅医療・介護に対応する事業所の要請に基づき、HIV医療の専門的知識を有する、大阪市立総合医療センター
   (大阪府エイズ診療中核拠点病院)の医師、看護師及び相談員等で構成されている「支援チーム」が、在宅又は事業所等を訪問し、
   治療・介護等の助言・支援を行う。


4 対象
   大阪府域に所在する事業所であって、以下のいずれかに該当する場合。
    (1)
HIV陽性者の在宅医療・介護を行っている事業所が、引き続き在宅での療養を継続する上で、支援を必要とする場合。
    (2)
近日中にHIV陽性者の在宅医療・介護を提供する予定のある事業所が、受入れに際して支援を必要とする場合。   

5 事業の流れ・手順
    (1)支援チームの派遣を必要とする事業所は、支援 チーム派遣要請書[Wordファイル/25KB]支援チーム派遣要請書(様式2) [PDFファイル/84KB]をエイズ予防財団に提出し、派遣の要請を行う。
    (2)エイズ予防財団が、支援チームの派遣についての調整を行う。
    (3)事業所と支援チームは、支援内容等について、詳細な打ち合わせを行う。
    (4)
支援チーム派遣。

          手順

6 申込み・お問い合わせ先

      大阪府 健康医療部 保健医療室医療対策課 感染症グループ HIV・エイズ担当
      電話:06−6944−9156 
   公益財団法人エイズ予防財団 支援チーム派遣担当(外部サイト)   
    〒101-0061 東京都千代田区三崎町1-3-12 水道橋ビル5階
       電話:03−5259−1811
       FAX:03−5259−1812  

          

このページの作成所属
健康医療部 保健医療室医療対策課 感染症グループ

ここまで本文です。