平成29年度精神保健福祉資料について(訪問看護ステーション向け)

更新日:平成29年8月16日

精神保健福祉資料

 精神保健福祉資料(通称:630調査)は、精神保健医療福祉の実態を把握し、精神保健医療福祉施策を推進するための基礎資料を得ることを目的に、毎年、厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部精神・障害保健課により実施されています。

 今年度からは、平成30年度から実施される医療計画、障がい福祉計画、介護保険事業(支援)計画の企画立案や実行管理にも活用できるよう、調査の流れや内容を見直しした上で、実施されています。

電子調査票(訪問看護ステーション用)の作成

 今年度の調査から、新たに訪問看護ステーションが調査対象となりましたので、調査票の回答に御協力くださいますようよろしくお願いいたします。

1 提出書類

  電子調査票(訪問看護ステーション用) [Excelファイル/308KB]

   ※調査対象は大阪府内の訪問看護ステーション(大阪市、堺市をのぞく)です。

  ※精神科病院、診療所については、既に調査回答依頼したとおりであり、本webページの内容は対象外です。

2 作成方法

  「はじめに 調査票の入力・提出について(訪問看護ステーション用) [その他のファイル/842KB]」及び「調査票に使われている用語の説明(訪問看護ステーション用) [PDFファイル/369KB]」を参照の上、電子調査票を入力してください。

   ※入力等にあたり、不明な点がありましたら、下記の【630調査事務局】に直接お問い合わせください。

3 提出方法

  提出期限までに、下記の【電子調査票の提出先】へ電子メールにて御提出ください。

4 提出期限

  平成29年9月27日(水曜日)

問い合わせ先

 ・【630調査事務局】

   調査内容・手順・入力方法に関する問い合わせ

   国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所

   E-mail630@ncnp.go.jp

 ・【電子調査票の提出先】

   大阪府健康医療部保健医療室地域保健課精神保健グループ

   E-mail:chiikihoken-g02@gbox.pref.osaka.lg.jp

 

このページの作成所属
健康医療部 保健医療室地域保健課 精神保健グループ

ここまで本文です。