障がい者医療・リハビリテーションセンター

更新日:平成29年9月27日

障がい福祉等の総合案内

障がい児者の方へ

事業者・施設の方へ

研修を受けたい方へ

企業の方へ

府民の方へ

お知らせ  よくあるお問合せ  申請・届出等  制度・計画等  統計・刊行物  リンク

障がい者医療・リハビリテーションセンター

 障がい者医療・リハビリテーションセンターは、障がい者が地域での生活や社会参加することのできる最大限の力を身につけるための支援、いわゆる「社会リハ」を推進するため、医療部門と福祉部門が相互に連携し、障がい者が早期に地域移行が図れ、地域生活が継続できるためのリハビリテーションを実施します。
 また、当センターは市町村の障がい福祉サービス実施機関等との連携の要として、地域におけるリハビリテーションが円滑に行われるための技術支援、専門的相談支援体制の構築、情報の受発信を行い、障がい者医療とリハビリテーション推進のための拠点をめざします。

 平成19年4月1日に、大阪急性期・総合医療センター敷地内に、障がい者医療・リハビリテーションセンターを開設しました。障がい者医療・リハビリテーションセンターは、3つの部門で構成されています。

◆障がい者医療・リハビリテーション医療部門
(大阪急性期・総合医療センター)
多様な医療ニーズに対応する大阪急性期・総合医療センターを構成するひとつとして、リハビリテーション医療、障がい者医療、障がい者歯科により構成されています。

◆大阪府立障がい者自立センター
医療機関による医療リハビリテーションを終えられた障がい者や、地域で生活する障がい者等の社会生活力を高めるための支援を行います。

◆大阪府障がい者自立相談支援センター
障がい者の自立を支援するために、障がい特性に応じた総合的な支援や地域生活への移行支援等を行います。

なお、障がい者医療・リハビリテーションセンターは大規模集団災害発生時には災害拠点病院支援施設として、被災者の受入れや初期治療を行います。

※障がい者医療・リハビリテーションセンターの開設に伴い、大阪府立身体障がい者福祉センター(堺市堺区旭ヶ丘中町4丁目)は、平成19年3月31日に廃止となりました。


障がい者医療・リハビリテーション医療部門のご紹介

大阪府立障がい者自立センターのご紹介

大阪府障がい者自立相談支援センターのご紹介

交通案内


○ おことわり
 大阪府では、『障がい』の『害』の漢字をできるだけ用いないでひらがな表記としていますが、お使いの音声読み上げソフトによっては「さわりがい」と読む場合があります。ご了承ください。

〒558-0001
 大阪市住吉区大領3丁目2-36
   

このページの作成所属
福祉部 障がい福祉室地域生活支援課 地域生活推進グループ

ここまで本文です。