離職した介護福祉士等の届出制度について

更新日:平成29年3月31日

介護福祉士等の資格をお持ちの皆さまへ

 社会福祉法の改正により、介護福祉士資格をお持ちの方は、平成29(2017)年4月1日から離職時に大阪福祉人材支援センターに届け出ることが努力義務となりましたので、お知らせします。
 介護福祉士の資格をお持ちの方は、離職時に大阪福祉人材支援センターに届出をお願いします。インターネットからの届出が可能です。
 既に離職されている方、介護職員として就業中の方、さらに、介護職員初任者研修、介護職員実務者研修、旧ホームヘルパー養成研修1級・2級課程、旧介護職員基礎研修を修了された方も努力義務はありませんが、できるだけ届出をお願いします。
  なお、届出された方には、大阪福祉人材支援センターが復職支援のためのセミナーや求人情報などのサポートをいたします。


 
届出先      社会福祉法人大阪府社会福祉協議会・大阪福祉人材支援センター
           社会福祉法人大阪府社会福祉協議会・大阪府福祉人材支援センターのページ(外部サイト)
           電話      06−6762−9020(平日午前9時から午後5時受付)
           ファクシミリ  06−6764−1574(24時間受付)
           住所 大阪市中央区中寺1−1−54

           介護福祉士等の資格をお持ちの皆さまへ  [PDFファイル/171KB]


 




 


このページの作成所属
福祉部 地域福祉推進室地域福祉課 事業者育成グループ

ここまで本文です。