民生委員・児童委員について

更新日:平成21年8月5日

 民生委員・児童委員は広く社会の実情に通じ、社会福祉の増進に熱意のある住民がそれぞれの地域から推薦され、厚生労働大臣により委嘱を受けて、地域住民の福祉向上のために活動する民間の奉仕者です。
 その数は全国で約22万7千人、大阪府内で約13,000人です。

民生委員の主な職務は次のとおりです。

  1. 住民の生活状態を必要に応じ適切に把握する。
  2. 援助を必要とする者がその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるように生活に関する相談に応じ、助言その他の援助を行う。
  3. 援助を必要とする者が福祉サービスを適切に利用するために必要な情報の提供その他の援助を行う。
  4. 社会福祉を目的とする事業を経営する者又は社会福祉に関する活動を行う者と密接に連携し、その事業又は活動を支援する。
  5. 福祉事務所その他の関係行政機関の業務に協力する等。
    [民生委員法第14条抜粋]
 さらに、児童福祉に関する問題を専門的に担当する民生委員・児童委員として主任児童委員が配置され、地域の担当民生委員・児童委員と一体となって、児童の健全育成や子育て支援のために活動しています。

大阪府民生委員児童委員協議会連合会へのリンク

このページの作成所属
福祉部 地域福祉推進室地域福祉課 企画調整グループ

ここまで本文です。