外国人介護福祉士候補者受入施設学習支援事業について

更新日:平成29年2月23日

新着情報 

 ●平成29年2月24日 平成30年度受入れ EPA外国人看護師・介護福祉士候補者求人登録申請開始時期及び受入れ説明会開催のお知      
              らせ 

              詳しくは公益社団法人 国際厚生事業団のHPをご覧ください。
                                    厚生事業団 HP(外部サイトを別ウインドウで開きます)                         

 ●平成29年2月9日  平成29年4月1日から、EPA介護福祉士の就労範囲に訪問系サービスが追加されることとなりました。

               平成29年1月12日付け厚生労働省告示「EPA介護福祉士が訪問系サービスを提供するに当たって      
               受入れ機関等が留意すべき事項について」 
                  通知文   [PDFファイル/193KB] 参考資料   [PDFファイル/55KB]

 ●平成28年10月24日 補助金交付要綱を改正しました。
                  改正後全文   [Wordファイル/101KB]   [PDFファイル/515KB]

                  新旧対照表   [Wordファイル/42KB]    [PDFファイル/125KB]

 ●平成28年3月28日  第28回介護福祉士国家試験に経済連携協定で来日された介護福祉士候補者82名が合格しました。
                                      厚生労働省 報道発表資料(外部サイトを別ウインドウで開きます)

 ●平成27年3月28日  第27回介護福祉士国家試験に経済連携協定で来日された介護福祉士候補者78名が合格しました。
                                      厚生労働省 報道発表資料(外部サイトを別ウインドウで開きます)

 ●平成26年3月28日  第26回介護福祉士国家試験に経済連携協定で来日された介護福祉士候補者78名が合格しました。
                                      厚生労働省 報道発表資料(外部サイトを別ウインドウで開きます)
                

 ●平成25年11月27日 補助金交付要綱を改正しました。
                 改正内容   [Wordファイル/34KB] [PDFファイル/80KB] 

 ●平成25年3月28日  第25回介護福祉士国家試験に経済連携協定で来日された介護福祉士候補者128名が合格しました。
                 厚生労働省 報道発表資料(外部サイトを別ウインドウで開きます)

 ●平成24年6月5日   第5回経済連携協定介護福祉士候補者に配慮した国家試験のあり方に関する検討会が開催されました。
                 検討会資料(外部サイトを別ウインドウで開きます) 
                 報告書がまとめられています。 報告資料(外部サイトを別ウインドウで開きます)

 ●平成24年5月22日  第4回経済連携協定介護福祉士候補者に配慮した国家試験のあり方に関する検討会が開催されました。
                 検討会資料(外部サイトを別ウインドウで開きます) 

 ●平成24年4月27日  第3回経済連携協定介護福祉士候補者に配慮した国家試験のあり方に関する検討会が開催されました。
                 検討会資料(外部サイトを別ウインドウで開きます)

 ●平成24年4月17日  第2回経済連携協定介護福祉士候補者に配慮した国家試験のあり方に関する検討会が開催されました。 
                 検討会資料(外部サイトを別ウインドウで開きます)

 ●平成24年3月28日  第24回介護福祉士国家試験に経済連携協定で来日された介護福祉士候補者36名が合格しました。
                 厚生労働省 報道発表資料(外部サイトを別ウインドウで開きます)

 ●平成24年3月23日  第1回経済連携協定介護福祉士候補者に配慮した国家試験のあり方に関する検討会が開催されました。
                 検討会資料(外部サイトを別ウインドウで開きます)


 大阪府では、国庫補助を受け、経済連携協定に基づき入国する外国人介護福祉士候補者が円滑に就労・研修できるように、受入施設における日本語学習、介護分野の専門知識の学習、学習環境の整備及び研修担当者の活動について支援を行うため、「外国人介護福祉士候補者受入施設学習支援事業」を実施します。

事業概要

 受入施設における候補者の日本語学習(日本語講師の派遣、日本語学校への通学等)、介護分野の専門知識の学習(民間業者が実施する模擬試験や介護技術講習会への参加等)、学習環境の整備に係る費用を、候補者一人あたり年額235,000円以内(平成27年度より補助金交付年度に入国した候補者については、就労月数に応じて補助基準額を月割り計算)、研修担当者の活動に係る費用を、1施設あたり年額80,000円以内で助成します。詳細は、下記の補助金交付要綱等をご覧ください。

平成28年10月24日改正
 【大阪府外国人介護福祉士候補者受入施設学習支援事業補助金交付要綱】
 (申請書類含む)  [Wordファイル/101KB]  [PDFファイル/515KB]

 【申請の手引き】 [Wordファイル/66KB] [PDFファイル/298KB]

 【口座振替申出書】 [Wordファイル/32KB]

参考

【大阪府補助金交付規則】   大阪府補助金交付規則はこちら(別ウインドウで開きます)からご欄ください。

関連情報

 社団法人国際厚生事業団HP(外部サイト)   候補者の受入あっせん機関です。候補者向けの書籍を販売しています。

 厚生労働省HP(外部サイト)   「インドネシア、フィリピン、ベトナムからの外国人看護師・介護福祉士候補者の受入れについて」

このページの作成所属
福祉部 地域福祉推進室地域福祉課 事業者育成グループ

ここまで本文です。