心理カウンセリングのご案内(地域再犯防止推進モデル事業)

更新日:令和2年3月3日

心理カウンセリングのご案内
〜再び同じ過ちを繰り返さないために〜

性犯罪は、再犯率の高い犯罪と指摘されていることをご存知ですか?
特に、痴漢や盗撮などは再犯率が高いため、同じ過ちを防ぐには、より早い段階で、犯罪に及ぶ問題性への対策を身につけることが重要と言われています。

性欲だけが原因ではない!?
あなたは、問題行動を引き起こす要因に、自分で気付いていないのでは?
        ↓
この要因に気付き、対策することが大切です。

大阪府では、痴漢や盗撮などをした方が、ご自身で犯罪に及ぶ問題性を理解し、再び同じ過ちを繰り返さないための具体的な対策を身に付けていただくため、無料で心理カウンセリング(原則5回まで)を実施しています。(※交通費等自己負担)

このカウンセリングは個別で行いますので、他人にあなたのことを知られる心配はありません。

少しでも関心を持たれた方は、下記の問い合わせ先に連絡いただき、ぜひこの支援をご利用ください。
⇒案内チラシ [PDFファイル/539KB] [Wordファイル/911KB] 

支援の申込は、令和2年4月30日をもって受付を終了させていただきます。

 

心理カウンセリングの支援の対象となる方

次の全ての要件に該当し、心理カウンセリングによる支援を希望する方

要件1: 痴漢、盗撮、公然わいせつ、児童ポルノの製造などの性犯罪を行った方

要件2: 要件1の罪により、起訴猶予、罰金・科料、執行猶予の処分を受けた方
      (保護観察付執行猶予となり、性犯罪者処遇プログラムを受けられた方は除きます。)

要件3: 大阪府内に居住する方

 ※ 平成30年10月1日以降に処分を受けた方を対象とします。

 

問い合わせ・申込先

大阪府 青少年・地域安全室 治安対策課

〒540-8570 大阪市中央区大手前2丁目
電話番号 06-6944-6843 (直通) (平日の午前9時から午後6時まで)


このページの作成所属
政策企画部 青少年・地域安全室治安対策課 企画グループ

ここまで本文です。