芹生谷遺跡(せるたにいせき)

更新日:平成29年3月30日

所在地: 南河内郡河南町芹生谷(せりゅうたに)

種類: 集落跡

時代: 古墳時代から室町時代

調査期間:  平成25年6月から平成26年2月

主な遺構:  古墳時代後期の竪穴住居跡、掘立柱建物跡(ほったてばしらたてものあと)、大溝など

主な遺物:  須恵器、土師器、瓦器(がき)、中国製磁器 など


 芹生谷遺跡(せるたにいせき)は、河南台地の中央にある集落遺跡です。
 台地は千早赤阪村の水分神社(みまくりじんじゃ)からながれる用水によってうるおされ、用水のほとりには全国的にも珍しい双円墳(そうえんぷん)の国指定史跡金山古墳(かなやまこふん)があります。
 この古墳は六世紀後半に営まれたもので、石室におさめられた家形石棺(いえがたせっかん)はこの時期の古墳の年代を位置づける指標となっています。

 今回の調査は、前年度に引き続いて行われたもので、古墳時代後期(六世紀後半)の一時期に営まれた竪穴住居跡四棟が発見されました。
 竪穴住居跡は一辺5メートル程度の大型で、四隅に柱穴があり、北側にカマドをそなえます。建て替えの痕跡があります。
 住居内からは煮たきに使う土師器甕(かめ)、食器の須恵器蓋杯(ふたつき)などがみつかりました。

 さらに、金山古墳(かなやまこふん)の東側から北に向かって伸びる一条の大溝が発見されました。
 溝は砂で覆われ、底から西暦600年頃の須恵器がみつかりました。 推古朝の頃の水利施設の一部と思われます。
 この大溝は後世の条里制(じょうりせい)によって水田区画が変更されると真北に流れるようになり、その溝の中からは中世の瓦器碗(がきわん)、近世・近代の陶磁器がみつかり、現在に至るまで水田の水路として使われ続けたようです。

 【写真】発見された竪穴住居
 ■竪穴住居の発見状況

 【写真】おおみぞの調査状況
 ■大溝の調査状況

Webサービス by Yahoo! JAPAN

このページの作成所属
教育庁 文化財保護課 保存管理グループ

ここまで本文です。