大阪府指定天然記念物妙見山のブナ林

更新日:平成22年3月26日

府指定天然記念物

妙見山(みょうけんさん)のブナ林

myoukensannobunarin ○所在地:能勢町野間中 
 
 ○指定年月日:昭和58年5月2日
 
 ○見学等の問合せ先:能勢町教育委員会生涯教育課    
                                 電話:072-734-0001(代表)
                                 メール:gakusyu@town.nose.osaka.jp
 
 ○アクセス:能勢電鉄妙見口駅下車、妙見ケーブル・妙見リフトを利用して頂上へ もしくは大阪市内から国道173号線を北へ車で1時間  

本数:400本 樹齢:700から800年



妙見山の山頂には、戦国時代の武将、能勢頼次によって慶長10年 (1605年)に開基された日蓮宗の寺院があり、能勢の妙見山として親しまれている。

山頂(660m)から南西の斜面約9.5haにアカガシに混じりブナが生育していて、幹周り2m以上の樹が100本もあり、中には幹周りが 4mを超える樹もある。林内のブナは若葉を出して元気な姿を見せている。

   

このページの作成所属
教育庁 文化財保護課 文化財企画グループ

ここまで本文です。