船場大阪を語る会 「船場・島之内・新町・堀江」と落語


◆事業概要

 ◆平成22年度大阪文化再発見講座 船場大阪を語る会

  「船場・島之内・新町・堀江」と落語

 ≪講座概要≫
   「四つ橋」は、かつて西横堀川と長堀川が交わるところであり、そこに四つの橋が架かっていたことに由来します。それらの橋は船場、島之内、
   新町、堀江の町をつないでいました。
   上方落語の噺にはそれらの町が舞台になっているものや関連のあるものが少なくありません。地図を見ながら落語の噺や町にまつわる話を
   お聞きします。

 ≪講師≫
   江川 兵次郎 【かみがた活性化研究会会員】
    昭和4年(1929年)生まれ。西六(さいろく)小学校、旧制今宮中学校、78期最後の海軍兵学校を経て、大阪商科大学(現大阪市立大学)卒。
    大丸心斎橋本店、ビルマ(現ミャンマー)、香港、東京店に勤務して来られ、現在かみがた活性化研究会会員。

1.実施日時  平成23年3月26日(土曜日) 午後1時30分から午後4時まで

2.実施場所  さいかくホール(大阪市中央区大手前3-1-43 大阪府新別館北館1階)
                地下鉄谷町線・中央線「谷町四丁目」駅下車、1-A出口方向へ約200メートル
                京阪、地下鉄谷町線「天満橋」駅下車、谷町筋を南へ約700メートル

3.受講料    1,000円(学生500円)

4.募集定員  170名(先着順)

5.申込方法  往復はがき又はFAXにて、
                次の(1)から(5)を明記してご応募ください。
                (1)参加希望人数(2名様まで申込可)
                (2)氏名・ふりがな(希望者全員)
                (3)代表者の住所
                (4)代表者の連絡先電話番号
                (5)代表者の連絡先FAX番号(FAXにて申込みされる場合のみ)
             ※FAXにてお申込みいただいた場合は、申込結果をFAXにてお知らせしますので、
              必ず返信先のFAX番号をご指定ください。
                ■往復はがき
                  〒559−8555
                  大阪市住之江区南港北1-14-16
              大阪府咲洲庁舎37階
                  大阪府 文化課 「船場大阪を語る会」係
                ■FAX
                  06−6210−9316(24時間受付)

6.申込締切  平成23年3月22日(火曜日)必着

7.問合せ先  船場大阪を語る会事務局・三島佑一方
            電話・FAX 06−6532−3094
           



≪募集チラシのダウンロードはこちらから≫

  ■ チラシ 「船場・島之内・新町・堀江」と落語[PDFファイル/1011KB]

 さいかくホール
  ≪さいかくホールへのご案内≫

    大阪市中央区大手前3−1−43
     大阪府新別館北館1階
      ○地下鉄谷町線・中央線「谷町四丁目」駅下車、1-A出口方向へ約200メートル
      ○京阪、地下鉄谷町線「天満橋」駅下車、谷町筋を南へ約700メートル

  



このページの作成所属
府民文化部 都市魅力創造局文化課 文化振興グループ

ここまで本文です。