ここから本文です。


中央子ども家庭センター

事務分担・連絡先

 児童福祉法第12条に基づき、子どもに関するあらゆる問題について、家庭やその他からの相談に応じ、必要に応じて、子どもを児童福祉施設に入所または通所させ、あるいは里親等に委託を行い、その健全な育成をはかる。
 必要な場合には、一時保護をして、子どもの緊急保護・行動観察・短期治療を行う。
 また、中学卒業後からおおむね25歳までの方を対象とした専用の相談窓口を設けている。
 子どもの健やかな育成と家庭および地域における子育てを支援する地域活動を積極的に展開し、地域関係機関とのネットワークをはかり、子どもの養育を側面的に支援する。 
 「DV防止法」の「配偶者暴力相談支援センター」として配偶者からの暴力についての相談援助を行う。
 
お問合せはこちら
グループ名 事務分担 連絡先
総務企画課 1 所務の総合調整に関すること。
2 予算及び経理に関すること。
3 職員の人事、給与及び服務に関すること。
4 公印及び文書に関すること。
5 庁舎等の維持管理に関すること。
6 現金及び物品の出納保管に関すること。
7 センターの事業の企画立案及び総合調整に関すること。
8 子どもと家庭に関する調査研究に関すること。
9 児童の健全育成活動に関すること。
10 関係機関への支援に関すること。
11 福祉の人材育成に関すること。
12 福祉に関する各種情報の収集及び管理並びに広報並びに啓発に関すること。
13 配偶者暴力相談支援センター業務に関すること。
14 前各号に掲げるもののほか、所管区域の事業の企画及び調整に関すること。
15 子どもの悩み相談フリーダイヤルに関すること。
16 前各号に掲げるもののほか、他の課の所掌に属しないものに関すること。
電話:072-828-0161
FAX:072-828-5319
住所:寝屋川市八坂町28番5号
相談対応課 1 児童の相談に係る初期調査に関すること。
2 前号の相談及び調査に基づく必要な指導に関すること。
3 児童の養護及び非行に係る相談及び調査に関すること(他課分掌のものを除く。)。
4 児童福祉法(昭和22年法律第164号)第25条の2第2項に規定する要保護児童等の健全育成並びに障害に係る相談及び調査に関すること(他課分掌のものを除く)
5 前3号の相談及び調査に基づく必要な指導に関すること。
6 第2号から第4号までの児童の施設入所に係る措置及び委託並びに児童の送致に関すること(他課分掌ののものを除く)。
7 第2号から第4号までの児童に係る医学的、心理学的、教育学的、社会学的及び精神保健上の判定並びにこれに基づく必要な指導に関すること。
8 青少年相談に関すること
※中央子ども家庭センターの相談対応課においては、上記のほか、府の区域(大阪市及び堺市の区域を除く。)内に居住地を有しない児童及び居住地が明らかでない児童でその保護者を確認することができないものに係る相談及び調査に関する事務をつかさどる。
電話:072-828-0161
FAX:072-828-5319
住所:寝屋川市八坂町28番5号
育成支援課 1 児童の健全育成に係る相談及び調査に関すること。
2 児童の障がいに係る相談及び調査に関すること。
3 前号の相談及び調査に基づく必要な指導に関すること。
4 障害者児入所給付費の支給等に関すること。
5 前条第6号により施設入所に係る措置又は委託をを受けた児童の指導及び親子の再統合に関すること。
6 里親に関すること。
7 医学的、心理学的、教育学的、社会学的及び精神保健上の判定並びにこれに基づく必要な診療及び指導に関すること(他課分掌のものを除く。)。
8 療育手帳等児童に係る各種証明等に関すること。
9 児童の保健衛生に関すること。

電話:072-828-0161
FAX:072-828-5319
住所:寝屋川市八坂町28番5号
保護第一課 1 児童の一時保護に関すること。
2 一時保護中の児童の生活及び保健衛生指導に関すること。
3 給食及び衣服の支給に関すること。
保護第二課 1 児童の一時保護に関すること。
2 一時保護中の児童の生活及び保健衛生指導に関すること。
3 給食及び衣服の支給に関すること。



ここまで本文です。