サブメニューを飛ばして本文へ
お問合せ集(FAQ)をさがす
トピックス
キーワードでさがす
(Q&A番号でさがす)
内容でさがす 目的でさがす よくあるお問合せ
ご案内メニュー
手続・催しのご案内 各種ご案内

ここから本文です。


分類 「相談窓口」の検索結果

104件中 11〜20件目  <<前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ>>
回答:
募集広告や求人票に記載されている条件が、そのまま労働契約の内容となる労働条件になる訳ではないと考えられていますので注意が必要です。 採用の際に、改めて確認した条件が労働契約上の労働条件となります。 □ご相談は、大阪府の労働相談窓口で受け付けています。 相談時間は、祝日を除く月曜日〜金曜日の9:00 …
回答:
労働組合とは、労働者が主体となって自主的に労働条件の維持改善その他経済的地位の向上を図ることを主たる目的として組織する団体又はその連合団体です。 法律上、労働者が2人以上集まれば、労働組合を自由につくることができます。通常、結成大会を開催し、組合規約や役員、運営方法などが決定されます。 労働組合の結 …
回答:
労働組合との話し合いが上手く進まない等の場合、大阪府労働委員会において、労使間のあっせん等を行うという方法があります。 あっせん申請の手続き等について解説した冊子を、労働委員会事務局でお配りしています。 大阪府労働委員会事務局 大阪市中央区北浜東3番14号大阪府立労働センター8階 TEL:06-6 …
回答:
労働基準法では、管理監督者について、労働時間制度の適用が除外されており、管理職が管理監督者に該当する場合は、残業代の支払義務はありません。 ただし、ここでいう管理監督者については、名称など形式で判断するのではなく、権限の有無などの実態で判断することとされています。(労働基準法第41条) □ご相談は …
回答:
労働者が、雇われて働く際に、契約期間や賃金・労働時間などの労働条件について使用者との間で結ぶ約束を労働契約といいます。 労働契約は、パートタイム労働者、契約社員、派遣労働者など、どのような働き方であってもそれぞれに結ばれます。 双方が合意すれば口頭だけでも契約は可能ですが、後日のトラブルを防止するた …
回答:
就業規則とは、職場の労働条件や規律を統一的に定めたものです。 常時10人以上(パートタイム労働者等を含む)の労働者を雇用する使用者は、就業規則を必ず作成し労働基準監督署に届け出なければなりません。また就業規則は、適用される労働者に必ず周知しなければなりません。(労働基準法第89条、第106条) □ …
回答:
使用者は、国が定めた最低賃金以下で労働者を働かすことはできません(例外措置有)。仮に、最低賃金より低い賃金を労使合意の上で定めても、それは最低賃金法により無効とされ、最低賃金と同額の定めをしたものとみなされます。 平成29年9月30日より、大阪府最低賃金は909円で、大阪府で働く全ての労働者に適用さ …
回答:
使用者は、法定労働時間(原則1日8時間・1週40時間)を超えて労働者を働かせたときには、以下のとおり割増の残業手当(時間外割増賃金)を支払う必要があります。 1 1か月45時間以上までは25%以上 2 1か月45時間を越え60時間までは、25%を越える率とするよう労使間で努力 3 1か月60時間を越 …
回答:
労働基準法では、使用者が労働者を雇い入れる際には、労働条件を明示しなければならないことを定めており、そのうち特に重要な、契約期間、就労場所・業務内容、賃金、労働時間、休日等、退職に関すること等一定の項目は、書面を交付することにより明示しなければならないとされています。(労働基準法第15条) □ご相 …
回答:
大阪府と国で実施している相談・支援の窓口をご紹介します。 大阪府では、OSAKAしごとフィールドにおいて、お仕事をお探しの方に対し、キャリアカウンセリングやセミナーを通じ、就職活動の進め方や職業選択、履歴書の書き方など、様々な助言・支援を行っております。 国の機関では、ハローワーク(公共職業安定所) …
104件中 11〜20件目  <<前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ>>



ここまで本文です。