サブメニューを飛ばして本文へ
お問合せ集(FAQ)をさがす
トピックス
キーワードでさがす
(Q&A番号でさがす)
内容でさがす 目的でさがす よくあるお問合せ
ご案内メニュー
手続・催しのご案内 各種ご案内

ここから本文です。


目的 「子どもを育てる・教育する」の検索結果

30件中 11〜20件目  <<前へ 1 2 3 次へ>>
回答:
高校の授業料以外の教育費の負担を軽減するため、次のすべてに該当する場合に、申請により「奨学のための給付金」が支給されます。 1 市町村民税の所得割が非課税の世帯(生活保護受給世帯を含む。) 2 保護者(親権者)が大阪府内に在住していること 3 申請する年の7月1日現在で国公立の高校等に在籍しているこ …
回答:
公立高等学校の授業料は、平成26年度の入学生から就学支援金制度の対象となりました。 就学支援金制度は、親権者全員の市町村民税所得割額の合計が304,200円未満である場合に、申請により国が生徒に代わって授業料を負担し、授業料が無償になる制度です。返済の必要はありません。 上記の条件を満たさない場合は …
回答:
乳幼児が、病気やケガなどの必要とする医療を容易に受けることができるよう医療費の患者負担額から一部自己負担額を控除した額が助成されます(食事療養費の標準負担額は除く)。なお、他の公費負担医療の給付を受けられる場合はそちらが優先されます。 【所得制限】 3人世帯3,190千円、4人世帯3,570千円 …
回答:
ひとり親家庭の方が、病気やケガなどの必要とする医療を容易に受けることができるよう医療費の患者負担額から一部自己負担額を控除した額が助成されます(食事療養費の標準負担額は除く)。なお、他の公費負担医療の給付を受けられる場合はそちらが優先されます。 【所得制限】 児童扶養手当(一部支給)の所得制限を準 …
回答:
ひとり親家庭等日常生活支援事業のサービスを利用してください。 母子・父子家庭等の方で就学や就職活動など自立促進に必要な事由や、ケガや病気などの事由で、 一時的に生活援助・保育サービスが必要な場合に家庭生活支援員を派遣します。 なお、利用を希望される場合、事前に登録が必要となり、利用の際は、世帯の所得 …
回答:
市及び福祉事務所を有する町(福祉事務所を有しない町村にあっては、所管の府子ども家庭センター)には、母子・父子自立支援員さんがいます。また、大阪府母子・父子福祉センターでも、電話と面談で相談を受け付けております。 生活に関連することや養育費に関することなどの悩み相談の他に、ヘルパーの派遣についてもご相 …
回答:
「こころの再生」府民運動が呼びかけている7つのアクションについて毎日の暮らしの中でどれか一つでもできることからはじめてください。サポーターに参加していただくと、登録いただいた電子メールにイベント情報や新着情報、皆さんの取組み紹介などを盛り込んだメールマガジン「ここねっと通信」(月1回程度発行)をお送 …
回答:
普段、何気なく過ごしている暮らしの中にも、忘れてはならないことがたくさんあります。例えばそれは、「生命(いのち)を大切にする」「思いやる」「感謝する」「努力する」「ルールやマナーを守る」など、決して難しくはないこと。 「こころの再生」府民運動は、このような時代や社会がどのように変わっても大切にしたい …
回答:
・障がい児が利用できるサービスについて、障害児通所支援(児童発達支援、医療型児童発達支援、放課後等デイサービス、  保育所等訪問支援)と障害児入所支援(福祉型又は医療型)があります。 ・児童発達支援(医療型を含む)では、未就学児が家庭から通所しながら、身近な療育を受けることができます。 ・放課後等デ …
回答:
学校が特別活動として実施される海外修学旅行等により再入国する際に、個人識別情報の提供を免除するための身元保証ですので、学生が在籍する学校の学校長が行います。 …
30件中 11〜20件目  <<前へ 1 2 3 次へ>>



ここまで本文です。