サブメニューを飛ばして本文へ
お問合せ集(FAQ)をさがす
トピックス
キーワードでさがす
(Q&A番号でさがす)
内容でさがす 目的でさがす よくあるお問合せ
ご案内メニュー
手続・催しのご案内 各種ご案内

ここから本文です。


分類 「相談窓口」の検索結果

97件中 1〜10件目  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ>>
回答:
労働契約は、期間の定めのないものを除き、一定の事業の完了に必要な期間を定めるもののほかは、3年を超える期間について締結してはならないとされています。 ただし、高度で専門的な知識を有する者等については、5年とする等の特例措置があります。 □ご相談は、大阪府の労働相談窓口で受け付けています。 相談時間 …
回答:
試用期間とは、一般に、長期にわたる労働契約関係に入るに先立ち、本採用を予定する者の従業員としての適格性や職業能力の有無を判断するための試みに使用するための期間とされ、解約権留保付きの労働契約であると解されています。 □ご相談は、大阪府の労働相談窓口で受け付けています。 相談時間は、祝日を除く月曜日 …
回答:
労働基準法第24条により、事業主には従業員の労働の対償としての賃金を全額、毎月一定期日に支払う義務があります。 また、賃金は他の債権に優先して支払われなければなりません。まず、このことを念頭に会社に請求してください。 話合いが進まない場合には、労働基準監督署への申告、簡易裁判所に「支払督促の申立」「 …
回答:
労働者の労働時間は、原則として1日について8時間、1週間について40時間ですが、労働基準法第36条では、使用者が労働時間を延長したり、休日に労働させるなど時間外での労働を命令する場合には、当該事業所の労働者の過半数で組織する労働組合がある場合はその労働組合、ない場合は過半数を代表する者と書面による協 …
回答:
パートタイム労働者のような短時間雇用労働者にも年次有給休暇はあります。要件については、6か月以上勤務し、その間の所定労働日数の8割以上出勤することにより、6か月継続勤務した後に発生します。 日数については、勤務年数と労働日数によって最高20日までの範囲で比例付与されます。(労働基準法第39条第2項・ …
回答:
使用者側の都合により休業しなければならなくなった場合は、使用者は、休業期間中について当該労働者に平均賃金の6割以上の手当を休業手当として支払わなければなりません。(労働基準法第26条) □ご相談は、大阪府の労働相談窓口で受け付けています。 相談時間は、祝日を除く月曜日〜金曜日の9:00〜17:45 …
回答:
雇用保険は、労働者が失業した時に必要な給付が受けられるなど、労働者の生活の安定と求職活動を容易にする制度です。 パートタイム労働者等の短時間労働者であっても、1週間の所定労働時間が20時間以上で、かつ31日以上引き続き雇用されることが見込まれるなどの条件を満たせば、雇用保険の被保険者となります。 …
回答:
解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、使用者の解雇権の濫用として無効とすると定められています。(労働契約法第16条) また、労働基準法、労働組合法、男女雇用機会均等法、育児・介護休業法等において、解雇が禁止されるケースについて規定が定められています。 なお、解 …
回答:
職場のいじめは、個人の名誉、プライバシーなどに関わる人格権侵害に該当するとともに、労働者の働く権利を侵害したり、職場環境(就業環境)を悪化させる行為で、使用者に雇用管理上の使用者責任が問われる問題です。 具体的な対応として、 (1)いじめ・嫌がらせと思われる言動を、書面に整理する、録音するなど事実経 …
回答:
募集広告や求人票に記載されている条件が、そのまま労働契約の内容となる労働条件になる訳ではないと考えられていますので注意が必要です。 採用の際に、改めて確認した条件が労働契約上の労働条件となります。 □ご相談は、大阪府の労働相談窓口で受け付けています。 相談時間は、祝日を除く月曜日〜金曜日の9:00 …
97件中 1〜10件目  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ>>



ここまで本文です。