サブメニューを飛ばして本文へ
お問合せ集(FAQ)をさがす
トピックス
キーワードでさがす
(Q&A番号でさがす)
内容でさがす 目的でさがす よくあるお問合せ
ご案内メニュー
手続・催しのご案内 各種ご案内

ここから本文です。


分類 「動物」の検索結果

23件中 1〜10件目  1 2 3 次へ>>
回答:
大阪府では18箇所、12,914ha・府域面積の約6.8%を鳥獣保護区に指定しています。                                                      また、指定の基準は野生鳥獣の保護上重要な周辺山系の森林や鳥類の集団飛来地として重要な河川等としております …
回答:
野生動物を勝手に捕えることはできません。幼獣であれば、近くに親がいるかもしれませんので、元の場所に戻してあげてください。明らかに人為的な影響で傷ついた野鳥は、一部の動物病院にボランティアで治療していただけるようお願いしています。ケガなどがないようであれば、自然に帰してあげてください。 …
回答:
ケガをし、飛べなくなった野鳥であっても勝手に保護し、飼育することはできません。 しかし見つけられた方が自分で持ち込むことが可能であれば、明らかに人為的な影響で傷ついた野鳥は一部の動物病院にボランティアで治療していただけるようお願いしています。 なお、ヒナは傷病鳥獣ではありませんので、動物病院に持って …
回答:
野鳥のヒナ(雛)を勝手に保護し、飼育することはできません。 元の巣に戻してあげましょう。 巣の場所が分からない場合や、巣に戻しても再び落ちてしまう場合は、近くに簡易巣を作って親鳥に子育てをしてもらいましょう。親鳥はヒナの声を聞いてやってきますので、多少離れた場所でも大丈夫です。 また、ヒナは傷病鳥 …
回答:
野鳥のヒナ(雛)を勝手に保護し、飼育することはできません。 たとえ親から離れ、ひとりぼっちでいても決して”迷子”ではありません。このような鳥は巣立ち間近で、飛ぶ練習をしているときに巣から落ちてしまったヒナであることが多く、巣が近くにあったり、親鳥が近くにいたりします。親鳥は人の姿が見えなくなると、ヒ …
回答:
野生鳥獣獣を捕獲するには、市町村長の許可が必要になります。居住地の市町村担当課にお問合せください。
回答:
アライグマは特定外来生物に指定されている動物です。生態系、生活環境や農林水産業への被害を防止するために捕獲を進めています。お住いの市町村担当課にお問合せください。 …
回答:
イタチやドバト、カラスなどの野鳥は、法律により捕獲が禁止されています。野生鳥獣を捕獲することや卵を採取するには、捕獲場所の市町村長の許可が必要ですので、市町村の鳥獣行政担当課にお問合せください。 なお、環境農林水産部 動物愛護畜産課 野生動物グループのホームページで、捕獲以外の野生鳥獣の対処法につ …
回答:
飼い主がわからない猫がケガをしているのを発見された場合は、下記の窓口までお問合せください。 ○大阪市、堺市、豊中市、高槻市、枚方市及び東大阪市以外の地域にお住まいの方: 最寄りの大阪府動物管理指導所分室→参考リンク「猫に関する相談窓口」参照 ○大阪市にお住まいの方:各区の保健福祉センター又は大阪市動 …
回答:
終生飼養することが基本ですが、どうしても飼えなくなった場合は、下記の窓口にご相談ください。 なお、引取りを希望される前に、継続して飼育する事が出来ないか、よくお考えください。 ○大阪市、堺市、豊中市、高槻市、枚方市及び東大阪市以外の地域にお住まいの方: 最寄りの大阪府動物管理指導所分室→参考リンク …
23件中 1〜10件目  1 2 3 次へ>>



ここまで本文です。