サブメニューを飛ばして本文へ
お問合せ集(FAQ)をさがす
トピックス
キーワードでさがす
(Q&A番号でさがす)
内容でさがす 目的でさがす よくあるお問合せ
ご案内メニュー
手続・催しのご案内 各種ご案内

ここから本文です。


目的 「子どもを育てる・教育する」の検索結果

30件中 1〜10件目  1 2 3 次へ>>
回答:
普段、何気なく過ごしている暮らしの中にも、忘れてはならないことがたくさんあります。例えばそれは、「生命(いのち)を大切にする」「思いやる」「感謝する」「努力する」「ルールやマナーを守る」など、決して難しくはないこと。 「こころの再生」府民運動は、このような時代や社会がどのように変わっても大切にしたい …
回答:
市及び福祉事務所を有する町(福祉事務所を有しない町村にあっては、所管の府子ども家庭センター)には、母子・父子自立支援員さんがいます。また、大阪府母子・父子福祉センターでも、電話と面談で相談を受け付けております。 生活に関連することや養育費に関することなどの悩み相談の他に、ヘルパーの派遣についてもご相 …
回答:
各種学校とは、明治12年の教育令中「学校は小学校・中学校・大学校・師範学校・専門学校、その他各種の学校とする」に始まるといわれており、和洋裁、簿記、珠算、自動車整備、調理・栄養、看護師、保健師、理容、美容などをはじめとする各種の教育施設を含んでいます。 各種学校は、授業時数・教員数や施設・設備など …
回答:
専修学校は、昭和51年に新しい学校制度として創設されました。学校教育法の中で専修学校は、「職業若しくは実際生活に必要な能力を育成し、又は教養の向上を図る」ことを目的とする学校であるとされ、実践的な職業教育、専門的な技術教育を行う教育機関として、多岐にわたる分野でスペシャリストを育成しています。 専 …
回答:
里親とは、さまざまな事情で家族と暮らすことのできない子どもをご自分の家庭に受け入れて育ててくださる方です。 ○はぐくみホーム:事情があって家庭で育てられない子どもを一定期間、家庭に受け入れて育ててくださる方 ○養子里親:親が育てられない子どもを養子として育ててくださる方 ○週末里親:児童養護施設等で …
回答:
里親希望の方からの相談は、居住地の子ども家庭センター(児童相談所)、週末里親については公益社団法人家庭養護促進協会で受付をしています。 まず、お電話で面談申込みのうえ、詳細をご相談ください。各地域の相談窓口及び公益社団法人家庭養護促進協会の連絡先は下記URLをごらんください。 …
回答:
乳幼児が、病気やケガなどの必要とする医療を容易に受けることができるよう医療費の患者負担額から一部自己負担額を控除した額が助成されます(食事療養費の標準負担額は除く)。なお、他の公費負担医療の給付を受けられる場合はそちらが優先されます。 【所得制限】 3人世帯3,190千円、4人世帯3,570千円 …
回答:
ひとり親家庭の方が、病気やケガなどの必要とする医療を容易に受けることができるよう医療費の患者負担額から一部自己負担額を控除した額が助成されます(食事療養費の標準負担額は除く)。なお、他の公費負担医療の給付を受けられる場合はそちらが優先されます。 【所得制限】 児童扶養手当(一部支給)の所得制限を準 …
回答:
育児相談やサークル活動の支援について、住民に一番身近な市区町村で行われています。 おもに、地域子育て支援センターやつどいの広場で育児相談やサークル活動の支援等が行われております。 詳しくは居住地の市町村窓口にお問合せください。 …
回答:
ひとり親家庭等日常生活支援事業のサービスを利用してください。 母子・父子家庭等の方で就学や就職活動など自立促進に必要な事由や、ケガや病気などの事由で、 一時的に生活援助・保育サービスが必要な場合に家庭生活支援員を派遣します。 なお、利用を希望される場合、事前に登録が必要となり、利用の際は、世帯の所得 …
30件中 1〜10件目  1 2 3 次へ>>



ここまで本文です。