サブメニューを飛ばして本文へ
お問合せ集(FAQ)をさがす
トピックス
キーワードでさがす
(Q&A番号でさがす)
内容でさがす 目的でさがす よくあるお問合せ
ご案内メニュー
手続・催しのご案内 各種ご案内

ここから本文です。


目的 「免許の登録・申請をする」の検索結果

25件中 1〜10件目  1 2 3 次へ>>
回答:
 埋蔵文化財を拾得した場合は、拾得された市町村の文化財担当窓口に速やかにご相談ください。  埋蔵文化財については、文化財保護法により取扱いが規定されています。拾得・発見された埋蔵文化財は、遺失物法の適用があり、拾得・発見された市町村の警察署に届出する必要があります。  まずは拾得された市町村の文化財 …
回答:
 一般に「遺跡」と言われている貝塚・古墳・集落跡・社寺跡・都城跡・城跡など土地に埋蔵されている文化財は、「埋蔵文化財」と呼ばれ、その土地で建物を建てるなどの土木工事や開発行為を行おうとする場合は、着工する60日前までに当該市町村教育委員会を通じて都道府県教育委員会に届け出することが法律で定められてい …
回答:
 土木工事等の開発行為によって埋蔵文化財を発見した場合は、文化財保護法に基づき、すみやかに届けなければならないことが定められています。  「埋蔵文化財包蔵地に関する手続き」については、文化財保護課ホームページでフロー図がご覧いただけます。また、申請に必要な「遺跡発見の届出・通知」等の様式も文化財保護 …
回答:
 「銃砲刀剣類所持等取締法」では、美術品もしくは骨とう品として価値のある火縄式銃砲等の古式銃砲又は美術品として価値のある刀剣類を登録し、文化財として保存していくことを定めています。  都道府県教育委員会では、この制度により古式銃砲及び刀剣類の登録審査を行っています。登録審査を受け、登録された古式銃砲 …
回答:
 銃砲および刀剣類は原則として所持することはできません。美術品もしくは骨とう品として価値のある火縄式銃砲などの古式銃砲、または美術品として価値のある刀剣類は、都道府県教育委員会で登録することにより、所持することができます(銃砲刀剣類所持等取締法第14条)。  まず、その刀や銃に名刺より大きく葉書より …
回答:
下記の方法により入手していただけます。 【窓口での配布】   大阪府庁 別館5階 大阪府教育庁 教職員室 教職員人事課    住  所:大阪市中央区大手前2丁目    最寄り駅:地下鉄谷町線・中央線「谷町四丁目」駅下車 徒歩5分          地下鉄谷町線「天満橋」駅下車 徒歩8分        …
回答:
ホームページからダウンロードしていただけます。 下記参考リンク先よりダウンロードしてください。
回答:
郵送でもご請求いただけます。 【請求方法】   あて先明記、必要金額の切手貼付の返信用封筒(角形2号以上:A4サイズの入るもの)を同封のうえ、下記あて送付してください。   (送付用封筒の表に、赤字で、「(登録希望年度) 請求(第1希望の学校の種類)」と記入すること) (例)「H29 請求 小学校」 …
回答:
年齢制限はありません。
25件中 1〜10件目  1 2 3 次へ>>



ここまで本文です。