サブメニューを飛ばして本文へ
お問合せ集(FAQ)をさがす
トピックス
キーワードでさがす
(Q&A番号でさがす)
内容でさがす 目的でさがす よくあるお問合せ
ご案内メニュー
手続・催しのご案内 各種ご案内

ここから本文です。


目的 「リサイクルに取り組む」の検索結果

回答:
 大阪府循環型社会形成推進条例第12条に基づき、環境への負荷の少ない循環型社会を構築するため、リサイクル関連産業の育成、リサイクル製品の消費者への普及啓発を目的に平成16年度に創設した制度です。  大阪府が定める認定基準等に適合するものを大阪府認定リサイクル製品として認定し、大阪府が積極的にPRを行 …
回答:
家庭ごみの出し方(分別収集の品目)については、市町村が個別に定めています。 大阪府内では、代表的な再生資源ごみである缶、ビン、ペットボトル、古紙については、全市町村で分別収集が実施されています。 市町村ごとの分別収集の品目や分別収集状況については、「関連ホームページ」からご覧いただけます。 …
回答:
 平成13年に家電リサイクル法が本格施行されたことにより、家電4品目(エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)は、リサイクルが義務付けられています。  使用済家電は、家電リサイクル法又は廃棄物処理法に従って適正にリサイクルする必要があります。 …
回答:
場合により方法が異なりますが、いずれの方法でも、家電の排出者がリサイクル料金を支払う必要があります。 ※具体的な手続きについては、下記の「参考リンク」をご覧ください。 1.家電を購入した販売店が分かる場合   販売店に引取りを依頼してください。   ※別途、収集運搬料金が必要です。 2.家電を …
回答:
 最近、チラシを配布したりして軽トラックや回収拠点において家電等の不用品を回収する不用品回収業者が見受けられますが、そのような業者が回収した家電製品は、不適切な保管や処理がなされ、環境汚染や生活環境への影響につながりますので、不用品回収業者に処分を依頼せず、家電リサイクル法又は廃棄物処理法に従って適 …



ここまで本文です。